【夏の風物詩】風鈴の起源を紹介

僕の部屋には風鈴が置いてあります。『リーン。リーン。』と音が出る南部鉄器を使った風鈴でお気に入りです。カーテンレールにかけてあるため、冬でも鳴ってしまって近所の迷惑になっているのですが音がいいから冬でもいい感じです(笑)本当は面倒くさいから片付けてないだけ

で、風鈴は音を聞いて涼しさを感じる粋な道具ですが、その起源について紹介します。意外な起源です。

風鈴の起源

起源は日本ではない

【江戸風鈴】という名前が付いたガラス風鈴がある程ですから、起源が日本なのかなと思ってましたが違いました。

風鈴の起源はお隣【中国】からでした。どうやら風鈴は仏教の伝来と一緒に日本に来たと言われています。

風鈴は風情を感じるものではなかった

そんな中国が起源の風鈴なんですが、中国でも音を聞いて風情を感じる文化があったんだなーと思っていたら違いました。今の日本と全然違う使われ方をしていました。

中国では風鈴を【竹林】に持って行き、それぞれの竹に風鈴をくくり付け、風の流れや音の鳴り方で

物事の吉凶を占う道具】として使っていたようです。この頃の風鈴は僕たちが知っている風鈴よりも大きく、”風鐸(ふうたく)”と呼ばれていました。

つまり風鈴は元々占いの道具として使われていたようです。

そんな風鈴も日本に渡り、広まっていったのですがそこでもまた違った使い方をされていました。

日本に渡った風鈴は、お寺で使われていました。

お寺の四隅に風鈴を取りつけて【厄除け】として使っていたようです。それが、長い年月をかけて現代のように夏の風情を求める道具として使われるようになりました。

風鈴にも、南部鉄器のように金属製の風鈴もあれば、ガラスで出来た江戸風鈴、琉球風鈴、竹炭を使った風鈴、焼き物で作った風鈴、石で出来たものまであるようです。

今年は猛暑になると噂されていますし、節電のためエアコンの使用を控える人が多くなりそうです。風鈴も少しは需要が上がってくるような気配がします。




サブコンテンツ

このページの先頭へ