スマホのバッテリーは夏に劣化しやすくなる?バッテリー長持ちは【熱】も関係している

スマホが普及して数年経とうとしているのに、依然電池の減りが早くなる問題が無くなりませんね。電池はバッテリーとも呼びますが、スマホはバッテリー交換が出来るとはいえ、お金がかかりますから出来ればバッテリーは劣化させることなく使いたいものです。

バッテリー長持ち方法と調べるとたくさんの情報を得る事が出来ます。今回は夏本番も近いということで【熱】に注目して説明したいと思います。

バッテリーは熱に弱い

AndroidやiPhoneという【スマホ】にくっついているのがバッテリーです。バッテリーが無いと、スマホを使うことができないので、バッテリー切れを起こすことはスマホにとって死活問題となります。

スマホ中毒者にとっても、バッテリーの劣化は【死】を意味する程深刻な問題であって、バッテリーを劣化させないための情報を漁っている人が多いです。文系の女の子でも理系女子に勝るぐらい電池に詳しい人がいる、はず。

そんなバッテリーですが、今ほとんどのスマホに使われているのが

【リチウムイオン電池】というバッテリーです。リチウムがイオンなんです。すごいですね。

リチウムイオンがどういう性能なのか僕は知りませんが、バッテリーを長持ちさせる方法はある程度知っています。今回は熱に関して書いているため、他の長持ち方法は詳しくは割愛しますが、リチウムイオンバッテリーはメモリ効果が無く、0%まで電池を使いきって100%になるまで充電することは必要なく(従来はその方がバッテリーが長持ちしたようです)。むしろ0%や100%に近づいている状態がバッテリーの寿命を縮めています。

そして、寿命を長持ちさせる充電量は約20%~80%の間です。この間を守っておけばある程度劣化を防ぐことができます。

今回は熱がテーマなので、本題に戻します。

熱によって温められると人間にとっては健康になれそうですが、リチウムイオンバッテリー(以下バッテリー)にとっては逆です。電子レンジでスマホを温めるという事態が以前発生しましたが、絶対真似しないで下さい。

実はバッテリーの適切な保管場所は”冷暗所”です。だからといって冷蔵庫には入れてはいけないのですが、それほど熱に敏感なんです。

バッテリーは熱に弱く、過剰な熱がバッテリーに加わると超劣化します。毎日スマホのゲームをして電池を使いまくることの比ではありません。冬の間は周りの気温が低いため、バッテリーの熱も下がりやすく上がりにくいのですが、夏のような外気温が高くなる季節はバッテリーの劣化を早めてしまう季節です。

ちなみに30℃そこらの場所にスマホを放置しておいても、ほとんどバッテリーに影響は無いです。

夏が怖いのは、局所的に高温になるからです。これからの夏は特にバッテリーの劣化が起こりやすいため、バッテリーを労わって上げる必要があります。その労わり方を紹介します。

バッテリーを熱から守る

車内に放置しない

夏の日差しが強い日の車内は50℃以上になり、ダッシュボードの上では60℃以上にもなります。車内にスマホを置いておくとバッテリーが劣化します。車内に置き忘れ熱を持ったスマホを冷まさず、ゲーム等負荷がかかる操作をしていると更に熱を持つ可能性があります。

こまめに充電

バッテリーを長持ちさせるために、こまめに充電することをオススメします。約20~80%の間の充電量を保つことが長持ちさせる方法でもありますが、こまめに充電する目的は【熱の上昇】を防ぐためでもあります。充電をするとスマホが熱くなっていることを経験した人も多いでしょうが、意外と熱が発生するのです。充電時間が長い程、熱が上昇しやすくなります。

充電中は極力使わない

充電中は熱が発生しやすいことを先ほど書きました。そしてスマホを使うことでも熱が発生します。つまり充電しながらスマホを使うことは更に高温になる可能性があり、特にゲーム等の【負荷】をかけるアプリは更に熱を発生させますので極力使わないようにしましょう。

カバンの中

夏の日差しのせいで、カバンが熱くなってしまうことがあります。さらにカバンの中まで熱が伝わっている可能性があるため、カバンの中にスマホを入れることが多い女性は特に注意が必要です。

そこまで気を使っていられないのが現状ですが、カバンの中でも熱くなりにくい場所に入れておいた方が安心です。

調理台の傍

火元はかなり高温になるため、スマホを近くに置かないようにしましょう。スマホでレシピを見ながら料理する人もいると思いますが、気を付けて下さい。

また火が出ないIHコンロも危険です。調理後はプレート面がかなり熱くなっているため、うっかりスマホを置いてしまわないようにしましょう。

試したことはありませんが、スマホをIHの上に置いて電源を入れてしまうと危険だと思います。

【おまけ カイロ+スマホ

夏ではなく、冬の場合カイロを使う人が多いと思いますが、カイロとスマホを同じポケットに入れるとバッテリーまで温まってしまいます。

思いつくだけで書いてみましたが、他にも色んなシーンで【高温】になりやすい夏はいつもよりスマホを労わってあげましょう!




サブコンテンツ

このページの先頭へ