言霊の力を利用して【いいこと】がよく起こる日常に変える

言霊―なぜ日本に、本当の自由がないのか (ノン・ポシェット)

みなさん【言霊】ってご存知ですか?【げんれい】ではなく、【ことだま】って読みます。最近は滅多に聞かれなくなった言葉ですが、著名人の中でも一部の人が言霊という言葉を口にしているのを聞きます。

なんか【霊】が付くので不気味な言葉に聞こえますが、知っていくと結構おもしろい内容なので紹介します。

言霊の力でプラスの運気を手に入れる

言霊とは

言霊(ことだま)とは字のごとく【言葉に宿る霊】という意味です。詳しく言えば、言葉に宿る魂のことを指していて、本来は良い意味で使われています。

でもやっぱり、言霊って聞くとうさんくさいと思うでしょう。僕も理解しているようで未だに1割ぐらいは、うさんくささが抜けません。だって言葉に宿る魂は見えませんし、その魂や霊も五感で感じることはできませんから。

そんな僕が言霊について説明するのは、ちょっと恐縮なのですが、疑いが晴れていない僕でもたまに言霊の力を信じてみたくなる場面が多々ありまして『やっぱ言霊ってすげーな』と感心する時があります。

完全に言霊の信者ではありませんが、こんな僕のような凡人でも言霊の仕組みについて知っておけば【世の中】の仕組みがちょっと分かった気がします。

言霊の力

言霊という存在は、万葉集にも歌われている程、古代から伝えられてきました。古代の日本人は言葉に霊的な力が宿り、声に出した言葉が現実世界に何らかの影響を与えるとされ、良い言葉を心から発したら良い事が起き逆に悪い言葉を発すると悪い事が起きると信じられてきました。

言霊の力という物はまさに先ほど書いた文に全て説明されています。それが全てであり、それ以上の説明は必要ないと思います。

実際、僕が10代の時に読んでいた言霊の本はもっと多くの事を書いていましたが、それよりも【良い事を声に出せば良い事が起こる】ということを頭に植え付けることに力を注ぐ方が大事かなと思います。

現代の日本でも『いい1日は朝の元気なあいさつから』『ピンチな時こそポジティブな言葉を出そう』と言われています。これ、言霊の延長なんですね。現代で言霊っていうとなんかうさんくさく聞こえるから、現代の人に分かるよう言い換えているだけなのです。

実際周りの人でいつもポジティブな言葉を発していて、いい出来ごとばかり起こっている人っていないでしょうか?友達の前だけ気丈に振る舞って、家に1人でいる時は超ネガティブかもしれませんが、それでも良い事が起こってばかりのように思えます。

そして、何より自分自身が一番分かっていることに気づきます。悪い事は立て続けにやってくる経験はほとんどの人がしているでしょう。言霊の世界では、悪い言葉を発したり頭の中で強く思っていると悪い事が起こると言われています。

悪い事が1回起これば、大抵悪い気分になります。悪い気分の状態では自然と悪い言葉が出ます。その悪い言葉に導かれて悪い事が更にやってくるのです。

悪いことが度重なっても、いつかは終わりがきます。運気が上向くとも言いますが、悪い事が続けばその内開き直って今度は逆に良い言葉を発するようになります。『もうどうにでもなれ!』と言い、日常の些細なことに楽しみ感じたり、ストレス発散にと友達とバカ話をしたり趣味を楽しんだりします。結果としてこれが良い言葉を生み、運気が上向くのです。

・・・と解説しましたが、どうもうさんくさく聞こえますね(笑)言霊というものを知ってから、プラスの言葉を心から発すれば運気が上がるという体験を何度か経験しました。また、ほぼ運任せな事柄でも『絶対上手くいく』と言えば成功しやすくなっています。

宝くじが絶対当たる!と言って宝くじが当たるという意味では無いです。あまり欲が絡んだプラスの発言は経験上、上手くいかないことが分かりました。

言霊という力は、僕なりに解釈すると、

良い言葉は確かに良い事を招く。実際言葉に霊的な力が込められている。これを言いかえれば、良い言葉を発している人の周りには自然と仲間が集まってくるもので、良い言葉は良い行いを生み人にプラスの影響を与え、それが巡り巡って自分に返ってくるという【情けは人の為ならず】ということじゃないかと。

また、悪い言葉を発していると頭も体も鈍り、普段上手くいくことさえ上手くいかなくなる=悪い出来事が起こるになるんじゃないかと思います。良い言葉を発していれば、心も冷静になり変な焦燥や不安が取り除かれ、いいパフォーマンスを発揮できるのだと思っています。

それに、悪い出来事は人によって何とも思わない出来事だったりしますよね。

何せ言霊の霊に会ったわけじゃないので、自分なりに理解するほかありませんでした。『いい1日はいい挨拶から』と言われているように、言葉が心に伝わり、心が行動に表れ自分も相手もスッキリした気分になれることは確かです。

古代の人は、言霊という言葉を広め日頃の生活を良くしようとしたのかもしれません。

そして、今の日本が窮屈なのは、日本中のネガティブな言葉に言霊が宿っている結果なのかもしれません。




サブコンテンツ

このページの先頭へ