【トクホ】ってよく聞くけど一体何者なの?【特定保健用食品について調べてみた】

【トクホ】ってよく聞くけど一体何者なの?【特定保健用食品について調べてみた】

特定保健用食品(トクホ)という言葉は、僕達の日常でも一般的に認識されてくるようになりました。

『トクホ』と略して、その商品が凄くいいように言われているけど、実際どんな効果があるのか調べてみました。

トクホ(特定保健用食品)とは

LB81乳酸菌

ヨーグルトで有名なブルガリアヨーグルトですが、トクホマークが付いているのがわかりますか?

健康効果が期待できる食品

私達のからだの生理学的機能に影響を与える【保健機能成分】を含む食品のことです。

血圧、血中 のコレステロール等の値を改善する効果や、おなかの調子を整えたりする等、特定の保健の用途に値する食品に付与されるものです。他には、体に脂肪が付きにくい効果が期待されるものもトクホの対象となています。トクホ(特定保健用食品)の食品には、トクホのマークが付いています。

【トクホ】ってよく聞くけど一体何者なの?【特定保健用食品について調べてみた】

このマークです。『健康になって嬉しい!ワーイワーイ!』と喜んでいる人のマークが特徴です。また、バンザイしている人の上下に【消費者庁認可・特定保健用食品】と書かれています。

基本的に薬局で売られている薬によくある、錠剤やカプセル型ではなく通常の食品形態をしているものを指します。

特定保健用食品とは、1991年の栄養改善法で法制化された食品であって、

【健康増進法第26条第1項の許可又は同法第29条第1項の承認を受けて、食生活に おいて特定の保健の目的で摂取をする者に対し、その摂取により当該保健の目的が 期待できる旨の表示をする食品】

と定義されています。要は健康効果を期待する消費者(私達)に対して、その健康効果が期待できる食品であることがトクホ(特定保健用食品)の原則となっています。

注意点としては、医薬品ではありませんので私達の病気の治療目的に食べるものではないことです。『これだけ食べていれば健康になれる!』というものを保証するものではないのです。

位置付けとしては、医薬品(医薬部外品)と一般食品の間になっています。

国の審査の許可を受けた食品

そして、このトクホが信頼性に長ける理由として【国(消費者庁)の許可】を受けているからです。どんなにいい成分が含まれている食品でも、国の許可無しにこのマークを付けることはダメなのです。

有効性、安全性などの科学的根拠を示した後、国(消費者庁)の許可を受け、許可された食品はトクホのマークを付ける事ができます。

条件付きトクホ

特定保健用食品の中には上のような【条件付き】マークが付いているものがあります。

これは 【通常の特定保健用食品の審査で要求される有効性の科学的根拠のレベルには届かないものの、一定の有効性が確認される食品】に「限定的な科学的根拠である」という表示をすることを条件として許可が認められます。

そんなに科学的根拠はないけど、体にいいものには間違いないと国が判断した食品ということです。

最後になりますが、トクホのマークが付いた食品だからといって【過剰摂取】は危険です。用法用量をキチンと守って摂取しましょう。

摂取上の注意事項も明記されているので、一度目を通しておくといいと思います。




■関連記事

  • 【整腸・免疫力アップ・美肌効果・ダイエットにも!】ヨーグルトの種類別効能一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ