ゲームをすると目が良くなる?【マリカーとテトリス】

ゲームをすると目が良くなる?【マリカーとテトリス】

あえてファミコンの写真を使わせてもらいました。

うーんこれを知っている10代はほとんどいないのではないでしょうか(笑)ゲームによって視力が回復した少年の話をします。

ゲームで目が良くなった事例

コタク

この子がイギリスの少年です。

右目がほぼ盲目だったこの少年に医者が【マリオカート】をするように命じたそうです。しかもDS。

条件1日2時間、見えている左目にはアイパッチをするというもの。つまり、ほぼ見えていない目だけでマリオカートをプレイするわけです。

そうしてこの少年は、ほぼ盲目状態だった右目の視力が250%回復したようです!驚きですね!

ベン君(この少年)の医者が言うには『ゲームは目の動きを促進させ、焦点を合わせる訓練』になるようです。

このマリオカート療法の派生でテトリス療法というものが紹介されています。同様に高速なブロックの動きを目で追う事で、目を鍛える訓練になるのだとか。

ゲームは『目が悪くなる』とよく言われますが、僕はそこまで悪影響ではないと感じています。僕は2歳の頃からゲームを始め、多い日は一日10時間以上連続でゲームをしていました。10代の後半までゲームをしていて、目の不調は一度もありませんでした。

20代になった現在はパソコンとにらめっこする日々が続いていますが、視力は1.5キープです。2.0まで測れる視力検査では数年前ですが1.8でした。最近は少し視力が落ちたように感じるので、おそらく1.5ぐらいでしょう。

もちろん、目を労わるためいろいろ気を付けている事がありますが、そんなにゲームが目を悪くするものでないと思っています。

僕の周りではゲームが上手い人は運動神経がまぁまぁ良く、特に計算力に優れている人が多いです。また、車の運転も上手いです。特に抜群の反射神経を持っている人ばかりです。

ゲームによって能力アップに繋がっていると思っているのですが、証拠となるものや研究論文を読んだことはないです。絶対関係してると思うんやけどなー・・・。




サブコンテンツ

このページの先頭へ