雨に濡れた靴の手入れ方法!

雨に濡れた靴の手入れ方法

雨に濡れた靴は、劣化が驚くほど進みます。水分は靴の形状変化を起こす大敵でもあるし、カビや臭いの原因になります。雨に濡れた靴は徹底した手入れを心がけましょう。

靴は大切にすればするほど長持ちしますから。

雨に濡れた靴の手入れ方法

まずは汚れ取り

乾かす前にまずは汚れを取りましょう。雨に濡れた靴は普段よりも汚れが付きやすい状態になっています。見た目では分からなくても相当汚れています。

乾いたタオルや専用のクロスを使って丁寧に押し込むように汚れを拭き取ります。

間違ってもゴシゴシと擦らないようにしましょう。

靴の中まで濡れている場合は靴の中を押さえこむようにして汚れを拭き取ります。

徹底的に乾かす

【ドライヤーは論外】

ドライヤーの温風で確かに早く乾きます。早く乾きますが靴の材質劣化を起こしてしまうため、靴をゆっくり壊しているようなものです。

乾かし方としては、靴の中に丸めた新聞紙を入れておくのが一般的です。革靴の場合は乾く過程で特に形状変化を起こしやすいため、ある程度乾いたら木製のシューキーパー(木製だと湿気を吸ってくれるため)を入れておきましょう。

【直射日光は論外】

学校の上靴じゃないので、直射日光は論外です。靴の硬化・ひび割れ・材質劣化を起こしてしまいます。

日陰で風通しがいいところに置いて乾かしましょう。雨に濡れた程度にもよりますが、最低でも半日以上は乾かして下さい。乾かし方が上手いとカビや嫌な臭いを防ぐ事ができます。

仕上げの汚れ落とし

靴が乾いたら仕上げの汚れ落としの作業に入ります。ブラシで汚れを落としてもいいですが、革靴の場合はシュークリーナー(汚れ落とし)を使って汚れを拭き取ります。白いシミ(塩吹き)が出ている場合は入念に汚れを拭き取って下さい。

革靴には栄養補給を

革は生きています。しっかりと栄養補給をすると、2倍も3倍も長持ちします。

シュークリーム(食べれない)を革靴に塗り広げます。油分が飛んでカサカサになっていたらミンクオイルを少量塗る方法もありますが、ミンクオイルはミスると変なシミみたいになってしまうので上級者向けでしょう。

すぐ履かない

乾いたようで乾いていないのが靴というものです。表面を触って乾いたように感じても、内部にはまだ湿気がこもっています。

最低でも2日は乾かしておくべきです。

雨の対策

【雨用の靴】

もう捨てようか迷っている靴・革靴を雨の日用として使えば、お気に入りの靴がダメになってしまうことはありません。

【防水スプレー】

防水スプレーは汚れを受けない【防汚】効果があるものが多いため、普段からスプレーしておきたいところです。急な雨でもバッチリはじいてくれますから。




■関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ