新社会人と親世代では【家を掃除する頻度】が違いすぎる

新社会人と親世代では【家を掃除する頻度】が違いすぎる

今の新社会人の掃除の頻度とその親世代の【掃除の頻度】がかなり違う事を知りました。

これってもしや・・・僕たちが親世代になった時に掃除の頻度が変わるのではなく、若い時の習慣がそのまま続くってことかな?実態を紹介します。

新社会人と親世代では【部屋を掃除する頻度】が違う

新社会人が住まいを掃除する頻度は週1回 -親世代の頃はどうだった?に書かれていました!

「居室(リビング)」「キッチン」「浴室」「トイレ」について普段の掃除頻度を尋ねたところ、新社会人はいずれの場所も「週1日」と答えた人が多かった。対して親世代はトイレ以外「ほぼ毎日」掃除していた。またトイレや浴室については新社会人の半数以上が「月数回以下」しか掃除をしていないことがわかった。

新社会人が住まいを掃除する頻度

新社会人は週1、その親世代は毎日・・・かなり違いがありますね。家庭を持って子供が出来てくると毎日掃除をせざるを得ないのかと思ってますが、親世代が新社会人だった頃はどうだったのでしょうか?

親世代が【毎日】掃除をしていたのなら、若い時の習慣がそのまま今の習慣になっています。もしもこの法則のままならば、新社会人が親世代になった時も【週1】の掃除頻度になるのでしょう。

別に週1の掃除が悪いとは言ってませんが、掃除に対する認識に変化が起こりそうですね。なんか自動で掃除出来る機械も出てきてますし。

■関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ