美味しいコーヒーの淹れ方【レギュラーコーヒー】

美味しいコーヒーの淹れ方【レギュラーコーヒー】

美味しくコーヒーを淹れるための基本を紹介します!

レギュラーコーヒーの淹れ方限定で紹介していきます。お湯の温度、蒸らし、注ぎ方をメインに注意点やコツを解説します。

美味しいコーヒーの淹れ方(レギュラーコーヒー)

必要なもの

  • ポット
  • フィルター
  • コーヒー豆(or挽いてあるもの)
  • ドリッパー

ポットはお湯を沸かすために必要。出来れば注ぎ口が細いものを用意しましょう。こんな物↓

フィルターとは挽いたコーヒー豆を入れてその上からお湯を注ぐものです。抽出された液体だけカップに落ちていくというアレです。

コーヒー豆は、挽いてあるものを用意してもOKですが、できればコーヒーを淹れる前にコーヒーミルを使って挽きたてのコーヒーを使うと香りが全然違います。コーヒーミル↓

 

ドリッパーはフィルターを乗せる台のことでフィルターを通ったコーヒーがカップに注がれるよう底に穴が開いています。カップの上に乗せるタイプが一般的です。ドリッパー↓

淹れ方

  1. コーヒー豆を挽く
  2. コーヒーカップにドリッパー・フィルターをセットし、挽いたコーヒー豆を入れる
  3. お湯を沸かす
  4. お湯を注ぐ

この順番で解説していきますが、基本の基本だそうです。僕は自己流でやってましたが、お湯の温度以外はまぁまぁ同じでした。

1.コーヒー豆をコーヒーミルで挽きます。

1人分の場合は10~12gぐらい挽きましょう。思いっきり回して挽くより、女性に接するように優しく回すと美味しく出来ます。お湯を沸かすのに時間がかかる場合はこの時から火にかけておくと効率がいいです。

2.コーヒーカップにドリッパー・フィルターをセットし、挽いたコーヒー豆を入れます。紙フィルターは底と側面のシール部分(平らですこし分厚い個所)を前後互い違いに折ります

3.お湯を沸かします。沸かすの時間がかかる場合は、始めから火にかけておきましょう。

お湯の最適な温度は90~95℃です。沸騰して泡がブクブクになるかならないかで火を止めておきます。

4.肝心のお湯の注ぎ方ですが、最初は【蒸らし】が必須です。挽いたコーヒー豆全体が水分を含むようにお湯を注ぎます。コーヒーカップには少量のコーヒーが落ちてくるよう、注ぐお湯の量を調整します。20ccぐらいが目安です。

蒸らしの目安は20秒程です

この蒸らしをするかしないかで味の次元が変わりますので是非やっておいて欲しいところです。

そして、本格的にお湯を注ぎます。最初はコーヒードリッパーの半分ぐらい以内に注ぐお湯の量を抑えます。

中心から小さな円を描くように注ぎます(のの字をかくように始めます)!決して【フィルター壁面】から注がないことです。半分ぐらいまで入れたお湯が減ってくると壁面にコーヒー豆がくっつきますがこれは無視します!

ドリッパーのお湯が3分の1ぐらいに減ったら、今度は少しだけ大きい円を描くようににお湯を追加で注ぎます。この時もお湯がドリッパーの半分以上にならないように注意します。壁面にくっついたコーヒーは無視です。

その後はカップ1杯分およそ140cc程のコーヒーが満たされるまで、お湯を入れます。ドリッパーから落ちていくコーヒーとお湯を入れる量が同じになるように注ぐのがポイントです。

こうして淹れたコーヒーは美味しく出来上がります。

普段はそこまで徹底しない人も、お客さんが来た時にコーヒーを出す時は実践したいものです。

ちなみにコーヒーフィルターは紙よりもの方が美味しく淹れる事ができると聞いたことがあります。



サブコンテンツ

このページの先頭へ