ミラクルフルーツと呼ばれるバナナの凄さについて調べてみた!

ミラクルフルーツと呼ばれるバナナの凄さについて調べてみた

バナナはその栄養の高さから【ミラクルフルーツ】と呼ばれ、美容にも効果が絶大とまさにいいことづくしなフルーツなのですが、具体的に何がどう凄いのか知りたかったので調べてみました。

バナナの栄養

とにかくミネラルが豊富

バナナの栄養素で一番注目されているのは【カリウム】。

バナナはカリウムを豊富に含んでいて、カリウムを摂取することによって体内の余分な塩分の排出することができます。

また、このカリウムというミネラルはスポーツ時等においての運動パフォーマンスアップにいい仕事をしてくれるんです。

スポーツ選手が実際バナナを食べて成績が伸びたという話もよく聞きます。

また、マグネシウムも多く含まれています。

糖質も多様

ブドウ糖・果糖・ショ糖・でんぷんが含まれていて、朝のエネルギー補給にはピッタリなんです。

朝はなかなか食欲が湧かず、パンや米を食べる気が無い人はバナナを1本食べると、これらの糖類が補えます。

ちなみに炭水化物は糖質と食物繊維の総称だそうです。

ビタミンだって多い

バナナにはビタミンB1,B2,B6ビタミンCが含まれています。ビタミン補給にもバッチリなんです。

特にビタミンB群は、エネルギー生成に優れた栄養素でもあり、肌荒れや口内炎等の炎症といった肌のトラブル防止に効果があります。

免疫力アップ

大学の研究でバナナが白血球の機能をアップさせ、免疫力をアップさせることが判明しています。

風邪予防にもバナナがいいんですね。

また動脈硬化やガン、その他成人病の予防にも効果があります。

食物繊維がたっぷり

バナナには食物繊維が多く含まれていて腸内環境の改善にも効果があります。

これは有名ですね。どうやら食物繊維にも成人病予防の効果があると、最近注目されているようです。

バナナを食べる時の注意点

バナナ生活はダメ

食品全般に言えることなのですが、いくらその食べ物の栄養が優れているからといって、そればかり食べるというのは逆に不健康になるのでやめて下さい。

それに、大量に食べるとお腹がゆるくなります。

体を冷やす作用がある

南国産の食べ物は体を冷やす効果があります。

バナナも体を冷やす効果があるため、食べすぎは注意です。ココナッツミルクは体を温める作用があるので、ミキサーでミックスさせジュースを作って作用を相殺させてもいいですね。

■関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ