嫌なことを先延ばしにする人は4割・率先してやる人は2割

嫌なことを先延ばしにする人は4割・率先してやる人は2割

嫌な事はやりたくない。誰もがそう思っているけど現実はいつかはやらなきゃダメ

みんなは嫌な事を先延ばしにするのか、すぐ片づけてしまうのか割合が出ました。

嫌な事を先延ばしにする人

嫌なことを先延ばしにする人は42% 高齢世代ほど割合低いに書かれていました!

結果は以下の通りです。
率先して取り組む:20.2% ・先延ばしする:42.0% ・どちらでもない:37.8%

嫌なことを先延ばしにする人は4割・率先してやる人は2割という結果でした。どちらでもないと答えた人は、嫌な度合いによってすぐやるか、気分によって変わるという考えなのでしょうか。

引用記事のタイトルにも書かれているように、高齢世代になるほど【率先して取り組む】人が多い事が分かっています。

60代では25%、更に70~80代では30%にもなっています!面白いですね。

やはり、嫌な事でもいつかはやらなければいけない事なので、先に済ませた方が気持ちに余裕が生まれるという人生訓なのでしょうか?

嫌な事を先延ばしにしても、メリットはほとんどなくむしろデメリットがいっぱいあります。

  • 期限に間に合わないかもしれない
  • ギリギリになって焦ってしまい、心身共に負担がかかる
  • 『やらなければ』と頭の中を常に漂い、気持ちに余裕が生まれない

等々・・・早めにやっておいた方がいいですね。

僕はどちらかと言うと『嫌な事は率先してやる』部類の人間です。結構焦ってしまう性格なので、早めに済ませます。頭の中から『やらなければいけない嫌なこと』が離れないので心が疲れてしまいます。

個人的には更にもう一工夫をしていて、【嫌な事は午前中になるべくする】という工夫をしています。

一日の始まりはまだ体力があるので、一気に片付けることが出来るのと、1日の終わりに楽しい事を残しておく方が『これが終われば楽しいことが待っている!』とやる気が出ます。

それに1日の終わりに嫌な事があるとなんか損した気分になってしまいます。終わり良ければすべて良しの考えです。




■関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ