水が出なくなったらどうしたらいい!?トイレの水が出ない時の対処方法

水が出なくなったらどうしたらいい!?トイレの水が出ない時の対処方法

僕はまだトイレの水が出なくなった事はありませんが、水が出なくなったら相当焦るでしょうね。

小ならまだしも大をしたときに水が流れなくなったら・・・。あー考えるだけで恐ろしい!

今回はトイレの水が出なくなった時の対処方法の紹介です。

トイレの水が出ない時の対処方法

まずは人力で流す

水洗トイレの場合大きく分けて、【レバーを動かす】タイプかあるいは【流す】ボタンを押すタイプです。

どちらのでも水が流れなくなった場合、バケツに水を汲んできて便器に流し込みます。別に【レバーを動かす・ボタンを押す】をしなければ便器内の水は流れないわけではないです。

ポイントは【ゆっくり】流すこと!焦って勢いよくバケツの水を流すと・・・えらいことになります。

とりあえず応急処置を終えたところで、水が出ない原因を探っていきましょう!

水洗トイレの仕組み

水が出なくなったらどうしたらいい!?トイレの水が出ない時の対処方法

画像:allabout

一般的なタンク式水洗トイレの仕組みです。

水を流してタンクに水が溜まるまでの一連の動作は

  1. レバーを動かす
  2. が上がり、ゴムフロートが上に持ち上がる(タンクに溜まっていた水が排水弁より流れる)
  3. 水位とともに浮き球が下がる
  4. アームが動きボールタップが開く
  5. 止水栓ボールタップ⇒手洗管の順に水が流れ、タンクに水が溜まる

もっとハイテクだと思ってましたか?案外原始的な構造なんです。

タンクが無いタイプ【タンクレス】は「フラッシュバルブ式」です。 水道管と便器の間にフラッシュバルブというものが付いてます。このバルブは、一定量の水を出すと止まる特殊なバルブなんです。つまり、ある程度水が流れたら水道管と便器の間に蓋をするようなイメージです。

では、タンクの仕組みが分かったところで原因を探っていきましょう!

レバーが軽くないか?

いつもよりレバーが軽い、もしくは何の抵抗もないのであれば、上の画像の【】の部分が切れている、あるいは劣化しているものと考えられます。

また、鎖にたるみがある場合でも水が流れないこともあるので、タンクの蓋をあけて鎖にたるみがあればたるみを取って下さい。鎖はフックで止めて長さを調整しているだけです。

鎖が劣化している場合は、ホームセンター等で交換できます。分からない人は現物を持って行って店員に聞いて下さい。

浮き玉が引っかかっていないか

浮き玉がひっかかっている事もありますので、正しい位置に戻してあげます。タンクの壁や余計な障害物に引っかかっているようなら位置を調整します。

浮き玉は丸いタイプもあれば、ペットボトルのような形の物もあります。

どれかわからない場合、それらしきものをつっついてみて下さい。浮き玉ならフヨフヨと動きます。

ボールタップが動かない

ゴミや水アカが酷い時は動かなくなるようです。ブラシ等で掃除してみて下さい。

止水栓が閉まっている

浮き玉の位置調整やボールタップの掃除をしてもタンクに水が溜まっていなければ、止水栓閉まっていることが考えられます。

止水栓開閉ネジは、なんか十円玉を入れて回せそうな窪みがある部分が止水栓開閉ネジと思ってもらっていいです。

業者さんが止水栓を開け忘れたのか、子供のいたずらが考えられます。

止水栓をゆっくり緩めて(大抵は反時計回り)下さい。タンクに水は溜まったけど、手洗管から水が出てこない場合はもう少し止水栓を緩めます。

ボタン式の場合

レバーを使わないで、ボタンを押してトイレの水を流すタイプの場合は、まず通電している事を確認して下さい。

ブレーカーが落ちてないか、コンセントが抜けていないか等です。掃除の際にコンセントがポロッと外れてしまっている場合もあるので、コンセントを差せば復活します。

それでも直らない場合はボタンが潰れている可能性もあります。電装部品なので、業者に見てもらう必要があります。(あまりやっちゃいけないけど自分で分解してみてもいいかなと)

タンクレスの場合

タンクレスの場合、レバーは無いと思います(停電時用レバーはあるみたい)。ボタン式だと思いますので、上記のボタン式の場合を参考にして下さい。トイレの構造でも説明しましたが、タンクレスは「フラッシュバルブ式」です。

水道管と便器の間にフラッシュバルブというものが付いているため、バルブ不良の場合は自分で直すのは上級者レベルです。

お金はかかりますが、見えない場所の原因を探ってもらうため業者にお願いした方が賢明です。

断水・凍結

まず断水していたら水はでません。これはさすがに気づくかなと。

もう1つは水道管の凍結です。よく凍結が起こる地域なら分かるでしょうけど、普段水道管が凍ることはないような地域であれば、凍結も疑って下さい。

まとめ

トイレの構造が難しく感じる人もいるでしょうけど、今回書いている対処法でミスしても【水道管から水が噴き出した!】というCMみたいな現象はまず起こらないのでドンドンいじってみて下さい(笑)

ただし、大きいボルトをいじると水が噴き出す可能性があるので・・・用意する工具はマイナスドライバーぐらいにしといて下さい。

水が出なくなった・・・という電話で業者を呼ぶだけでもかなりのお金を払わなければならないので、覚えておくと家計も助かります。

それでは良いトイレライフを!トイレライフって早口言葉みたいですね。噛みました。




■関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ