時代はデジタルストーカー!?3割が恋人や配偶者のSNSをチェックしてしまっているという事実!

時代はデジタルストーカー!?3割が恋人や配偶者のSNSをチェックしてしまっているという事実!

今や時代もデジタル!恋愛もSNS等でデジタルされてきてます!ストーカーだってデジタル化されてる?

恋人配偶者がどんな友達と交流しているか、どんな写真をアップしているのかSNSをしている人なら多少なりとも気になってしまいますよね!

さらに恋人となっては相手の愛情が裏目に出てしまい、通話履歴やらなんやらチェックしてしまう人が多いようです!

デジタルストーカー

恋人の3割が相手のSNSをチェック – マカフィーのデジタルプライバシー調査という記事に書かれていました!

親しい相手ほど個人情報をシェアする割合が高くなる背景がある一方で、全体の30%が「交際相手や配偶者のスマートデバイスの通話記録、メール、写真をチェックしたことがある」(未婚者に限ると42%)、「相手のSNSをチェックしたことがある」と回答。「相手を想う気持ちが強過ぎて『デジタル”ストーキング”』してしまうこともあるかもしれない」と紹介されている。

相手がどんな事をしているんだろう?という思いが強くなるのは、恋人や配偶者、更には好きな人への愛情の証拠となっています!

『もしかしたら浮気しているかもしれない!』『異性との交流はどんな感じ』『プライベートで何してるのか』という不安要素を取り除くために、通話履歴やメールや写真、SNSの活動内容までチェックする人が多いですね!3割という数字に驚きです。

チェックするなら結果を全て受け入れたいものですね!くれぐれも見つからない程度にチェックすべきですし・・・チェックしているところを見つかってしまったら相手の信用をなくす事態に発展してしまうでしょう。

他にもこんな事が書かれていました。

恋人と別れた後、「デジタルデバイスから写真を全て消去した」のは全体のうち23%、「SNSのつながりから消去またはSNSのアカウント自体を削除した」のは18.9%となった。

別れた後にキレイさっぱりするために、履歴やつながりを一切合切消去する人が多いのかと思ってましたが、意外とみんな【そのまま】なんですね!

確かにFacebookとかでいろんな友達の輪の中でつながりを持ってしまっている人にとっては、相手とのつながりを消去したところで、友達の友達・・・という具合に嫌でも近況が画面に表示されてきてしまうもんです。

それを考えると、別れた後は一切連絡を取りたくないと思って、変につながりを消去して余計気まずい関係にするよりかは、努めて少しでもましな関係を保っている方が精神的な負担も少なくなると思います。(これにはいろんな意見がありますが)

それに一方的に相手と連絡を絶ってしまうと・・・相手の未練からストーカー行為に発展するケースもありますし。

まさにデジタルストーカーです!家までついてくるというストーカーは時代遅れなのかもしれませんね!

あなたの行動はSNS等で全てチェックされてるかもしれません・・・。

時代はデジタルストーカー!?3割が恋人のSNSをチェックしてしまっているという事実!




■関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ