グッスリ眠るためにたんぱく質・カルシウムを摂ることが大事!

グッスリ眠るためにたんぱく質・カルシウムを摂ることが大事!

みなさん!グッスリ眠れてますか?春眠暁を覚えずなんて言葉がありますが、グッスリ眠れずに疲れが溜まってるという人も多いです。

快適な睡眠は、食べ物でも決まりますよ!

グッスリ眠るために必要なたんぱく質とカルシウム

たんぱく質

◆睡眠ホルモンは、朝・昼から摂取された栄養から作られます。

睡眠ホルモン生成に必要な原料はたんぱく質です。

この睡眠ホルモンの名前は【メラトニン】です。聞いたことある人も多いかと思います。このメラトニンの分泌には、日中に日光を浴びることによって、夜に十分分泌されることが知られていますが、このメラトニン生成の元となっているのがたんぱく質

たんぱく質が体内で分解されていく過程で

トリプトファン⇒セロトニン⇒メラトニン

という順序を経てメラトニンが生成されます。

◆朝・昼に良質なたんぱく質を摂ることが快眠に繋がります。

肉でもいいですし、卵、魚、乳製品からでもたんぱく質を摂る事ができます。

カルシウム

カルシウムは気分を落ち着かせる作用があります!

グッスリ眠りにつくためには、布団に入る時はできるだけリラックスした状態がいいと言われています。カルシウムが不足している状態だと、体や心が緊張状態になってしまうため、日頃からカルシウムを意識して摂取するといいです。

魚や乳製品は、たんぱく質とカルシウムを同時に摂ることができるため、理想の食べ物だと言えます。

ただ、カルシウムを摂れば摂るだけグッスリ眠ることができるのか?と言うとそうでもないため、適量を毎日食べるよう心がけましょう!




■関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ