【MOTTAINAI】シーチキン油の上手な使い方!

【MOTTAINAI】シーチキン油の上手な使い方!

【MOTTAINAI】もったいない!日本で生まれたこの言葉は今や世界に知れ渡っています。

そんなもったいない精神旺盛な日本人。シーチキンの油だって捨てずに上手に使えば、外人さんは手を叩いて絶賛するでしょう!

シーチキン油の上手な使い方

シーチキンの缶の中身を見ると、が入ってますよね?別名マグロの油漬け。この油にはマグロ脂肪に含まれるDHAEPAが溶け出していると言われます。

DHAやEPAはコレステロールの値を下げ、美容にも頭にもいいと言われている成分です。

これを捨てるなんてもったいないってわけ。

では、栄養豊富なシーチキン油の上手な使い方を紹介します!

炒め油として

油ですから、炒め物に使えます!シーチキンの油を味見したことがある人は分かると思いますが、油にマグロの風味が移っています。そしてコクがある感じ。

つまり、海鮮物の炒め物に使うといっそう風味が増して良い感じになります!他には、菜っ葉系統の炒め物等にも使えるみたいです。

海鮮炊き込みご飯として

普通の炊き込みご飯にシーチキンの油を入れると、魚の臭いが移るので微妙な味になるかと思います。

魚介類を入れる海鮮炊き込みご飯のレシピがあるので、炊き込みを開始する前にシーチキンの油を加えると相性がいいようです。

パスタソースとして

オリーブオイルを使うパスタソースを作る時に、加えるオリーブオイルの量を減らしてシーチキンの油を加えて作ります。

こちらも、【マグロ風味】がついているため、明太子・ウニ・ボンゴレ等のパスタに合いそうです!

ドレッシングとして

パスタソース同様、サラダのドレッシングとしてシーチキンの油が活用できます。

お好み焼きの材料として

粉モンはちょっと意外ですが、たこ焼き・お好み焼き・パンの材料として使う方法もあるようです。

その他アクセントとして

シーチキンの油は【コク】があるため、様々な料理に使えます。可能性は無限大なので、自分のレパートリーの範囲でいろいろ試して、美味しく作れる料理を探すのも楽しいですね!




■関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ