【シャンプーをつける時は水気を切ってから】髪の正しい洗い方があったなんて知ってた?

【シャンプーをつける時は水気を切ってから】髪の正しい洗い方があったなんて知ってた?

髪の毛や頭皮にダメージを与えないように気を付けてても、髪のトラブルは起こりがち。というか髪が無くなってきている人にとってもシャンプーには気を使うもの。気を使うのはシャンプーの種類だけになってません?

実は髪の毛にも【正しい洗い方】があるようです!みなさんがしている洗い方では、ダメージを与えてしまったり、地肌まできちんと洗えてないかもしれません!

髪の正しい洗い方

ブラッシングで下準備

目が粗いヘアブラシで髪のもつれやホコリを取っておきます。

シャワーの温度は38℃~40℃

熱い方が汚れも浮きやすいのですが、あまり温度を上げてしまうと頭皮の取れてはいけない皮脂まで流れていってしまい、地肌のトラブルの元となってしまいます。

始めはすすぎ洗いから

【300g+おまけ2グラムスティック1本付き】(メール便送料無料)国産高品質ビタミンC粉末(L-アスコルビン酸)美容・健康維持・残留塩素除去に!(計量スプーン付)

髪の毛をチョイチョイっと濡らしていきなりシャンプーで洗う人がいますがそれはNG。始めに髪の毛と地肌を【すすぎ洗い】します。髪の毛や地肌についたホコリや汚れをあらかじめ落としておくのが基本。

髪を濡らすだけではお湯が地肌に行きわたりませんので、ピンポイントでお湯をかけます。

こうすることで、シャンプーの泡立ちがよくなり、汚れも落ちやすくなります。すすぎ洗いの目安は3分・・・意外と長いのね。

シャンプーの前に水気を切る

『ベッタベタに濡れてた方が泡立ちええやん!』って思ってたんやけど、実は逆効果だったみたい!

髪からボタボタと水が落ちるくらいぬれたままだと、お湯といっしょにシャンプー剤が流れてしまうため、泡立たない原因になるようです。更に泡立ちにくいと必要以上に髪をこすってしまって、ダメージを与えてしまいます。

すすぎ洗い後の水気を切るため、髪の毛が短い人は髪形をオールバックにして水気を飛ばします。髪が長い人はサイドから垂れた髪を両手で挟み、下へ滑らせると水気が取れます。

シャンプーを出す量は500円玉強

しっかりとすすぎ洗いをしていたら、かなり泡立ちがよくなるため、シャンプーは基本1プッシュ(500円玉強ぐらいの大きさ)です。量が多いとダメージを与えてしまいます。

手の平で泡立てる

原液をそのまま頭に持っていくと部分的にしかシャンプーが届かなくなり洗い残しが発生しますし、泡立てようと髪の毛をワシャワシャして摩擦で傷めてしまいます!!

それに原液のままだと濃度が高いので頭皮が痒くなるなどのトラブルの原因にもなります。

地肌から洗う

指の腹を使って、地肌から洗います。清潔な状態の泡できちんと洗わないと皮脂が溜まって毛穴を防ぎます。

毛穴が防がれるとクセ毛の原因にもなるので注意。

マッサージする

地肌を洗う時は、しっかりと指の腹を使って円を描いたり、ジグザグな動きをしたりして地肌をマッサージします。

こうすることで、血流が良くなり健康的な髪の毛が生えてきます。天使の輪っかが復活するかも。

その後初めて髪の毛を洗うわけですが、キチンと泡立てたシャンプーで地肌を洗っていればほとんど洗う場所が無い状態まできているはずです。

最後にすすぐ

すすぐ時は、お湯の温度はそのままで、地肌をマッサージするようにすすぎます。シャンプーのヌルヌルが無くなるまでしっかりとすすぎ洗いをすればOK!

コンディショナーは地肌×

コンディショナーを使う時は地肌につけると肌荒れの原因になります。

まとめ

これで正しい髪の洗い方をマスターできたはず!健康な髪や将来ハ○ること考えると正しく洗っておくことに損はないですね!僕も知らんかったことばかりでした。

水道水には塩素が入っていて、髪の毛を痛めるため、【塩素除去】された水で洗うとより髪の毛のダメージは抑えられます。美肌効果もあるようです。

方法としては専用のシャワーヘッドを付けるだけ。値段は張りますが、余裕がある人は買ってみて下さい。

Arromic シャワーヘッド イオニックCシャワー ICS-24N

シャンプー後の髪の毛を乾かす時のテクニックも書いているので、合わせて読んでいただければ嬉しいです。




■関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ