NG?クリーニングに適さない服があるって知ってた?

NG?クリーニングに適さない服があるって知ってた?

アイクリネット

クリーニングに適さない服があるなんて知りませんでした・・・。洗濯機で洗えない服でもキレイに仕上げてくれるクリーニング。

何でもキレイにしてくれると思っていましたが、クリーニングに適さない服があるようです!クリーニングに出す前に是非チェックを!

クリーニングに適さない服

洗濯表示のおさらい

まずは洗濯表示のおさらいです。

クリーニング

水洗い不可の表示です。洗濯機等水洗いをすると形状変化を起こす衣類のことを表しています。

クリーニング

ドライクリーニング不可の表示です。クリーニング屋でもドライクリーニングはできないので、ウェットクリーニングとなります。

以上が基本的なマークです。タグがついていなくて、クリーニングできるかできないか分からなかったらクリーニング屋に持って行って聞くのが的確です。

クリーニングに適さない服

クリーニングのQ&A – クリーニングに出すべきでない衣類があるって本当?に載っていました!!

合皮』といわれるウレタン製品やボンディング加工品はクリーニングには適しません。ウレタン製のものは水分、熱、脂など、さまざまなものの影響を受け、劣化が早いのです。

なるほど!合皮で出来ている服はクリーニングに出さない方がいいんですか。

ボンディング加工品というのは、繊維に接着剤でウレタンをコーティングしている服がありますが、ボンドで加工するため、『ボンディング』と呼ばれているようです。布にボンドでポリウレタン素材を貼り合わせているみたいです。

したがって、服に【ポリウレタン加工】と書かれていたら、クリーニングには適していないと見ていいです。

他には、本革・毛皮・正絹の着物はクリーニングできません。

また、飾りボタンがついていたりするとクリーニング時に全部外されてしまうパターンも。後々自分でボタンを再取付するはめになります。

スパンコールびっしりの服も、クリーニングに適しません。やっぱり剥がれやすいですからね。ただし、ミストウォッシュという技法である程度はクリーニング出来るので、対応できるか聞いてみて下さい。

■関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ