【デコレーションランドセル】最近のランドセルは一昔前と何が違うのか??

【デコレーションランドセル】最近のランドセルは一昔前と何が違うのか??

楽天

僕の甥っ子もこの4月から、小学1年生となり【シルバー】色のランドセルを買ってもらってました!

最近のランドセルは一昔前と比べて何が変わってきているのか紹介します!

最近のランドセルの違うところ

とにかくカラーが多い

昔は【黒】と【赤】のみのランドセルでしたが、最近はランドセルのカラーバリエーションがとにかく豊富!

イオンなんかは24色出してます!他にも14色出しているメーカーもあり、ランドセルも個性を出す時代となってきています。

デコれる

【デコレーションランドセル】最近のランドセルは一昔前と何が違うのか??

ランドセルカバーは地域によって【交通安全】と書かれていたり【雨用】のカバーがついていたりしますが、最近はランドセルのカバーをつかって【デコレーション】するのが流行っているそうです!

学年と共に、好みの色やデザインが変わってくるのは必須なので、好みの変化に合わせてデコレーションカバーを交換できるのはいいですね!!

人工皮革

昔は天然皮革が主流だったランドセルも、最近のランドセルの70~80%は【人工皮革】となっているようです。

加工技術が発達して、人工皮革でも天然皮革に負けないぐらいの強度があるものが作られるようになりました。

A4ファイルもスッポリサイズ

A4ファイルとか学校で配られると、昔は『斜め入れ』をしないとランドセルに納まらなかったり、ランドセルのフタが上手く閉まらなかったものです。

最近はA4ファイルもスッポリ入るよう、ランドセルのサイズも大きくなっています。『A4ファイルじゃなくてB5ファイルを配ったらええやん』って思ってしまうのは僕だけでしょうか・・・。

防犯ブザー取付金具を装備

ブザー取付金具が標準で付いています。防犯ブザーが当たり前になりましたね。

僕が小学生の頃、防犯ブザー持ってたなら1日1回は鳴らしたと思います。授業中先生が怒ったら防犯ブザーを鳴らすのも楽しいかもしれません。

肩ベルトも可動式

昔は、ランドセルを背負うための肩ベルトはストレートタイプだったようです。僕が小学生の頃は、確かリングがついていて、ある程度可動していたと思います。

【デコレーションランドセル】最近のランドセルは一昔前と何が違うのか??

楽天

こんな感じでした!

オーダーメイド

デザインや色をオーダーメイドできちゃうランドセルも登場しています!刺繍を入れるサービスもあるようです。

少し軽い

天然皮革に比べ、人工皮革で作られたランドセルは軽いです。ただ、最近のランドセルはサイズも大きくなっているため、重量は一昔前とさほど変わっていません。

夏休み期間に販売開始

6年間使うものだから、じっくり選びたいという人達のことを考えてランドセルの販売時期を早めています。

止め具のオートロック機構

これは今の20代前半の人なら、標準装備されているランドセルが多かったのではないかなと思います。

ランドセルのフタを閉めて止め具にくっつけるとクルッと自動で回ります。

まとめ

一昔前と比べると、最近のランドセルはいろんな装備や素材、色が違いますね!これだけバリエーション豊富だといくら時間をかけても選ぶのに迷ってしまいます。

そのうち、ランドセルの形そのものが変わるかもしれません。




■関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ