【社会人にありがちな原因も・・・】肌がかゆくなる原因と対策

ムヒS 18G[第3類]

子供の頃は大丈夫だったのに、社会人になったとたん肌が痒くなったりする人が多いようです!

年齢的なものもあるのでしょうか?体質の変化でしょうか?肌がかゆくなる原因と対策を紹介します。

肌がかゆくなる原因

ストレスによるもの

ストレスがかかっている時には、かゆみを起こすヒスタミンの分泌量も増えるようです。まさにストレスが多い現代社会人の症状です。

いつもストレスがかかっている人はカサカサになり、かゆみが原因でかいてしまった傷の回復も遅くなるため、肌がボロボロになっていくようです。

【対策】

まずはストレスから解放されること。。。。ってそれができないんですよね!日常受けるストレスは置いといて・・・プライベートでなるべくストレスを発散させる方法が手っ取り早いかなと。

締め付けによるもの

ピシっとした制服やスーツは見栄えがいいですが、服や下着の締め付けによってかゆみが発生します。接触皮膚炎ともよばれ、いわゆる【かぶれ】の症状です。

【対策】

肌との接触をなるべく避けることです。靴下やその他下着の締め付けがきつい場合は、緩めのものに変えるか肌触りがいいもの、吸水性・吸湿性が高いものを選ぶといいと思います。

化学繊維でできた服

アトピー性皮膚炎の人なら知っている人がほとんどですが、化学繊維でできた服は肌への刺激がメチャクチャ強いんです。ジャージとかがいい例です。この刺激のため、かゆみが発生します。

また、肌と服の摩擦によって肌表面の油が落ちて水分が抜け、カサカサ肌になり更にかゆみが発生します。

【対策】

なるべく肌に対して刺激を与えない素材を選んで下さい。コットンとか。

かゆみが原因で肌が荒れてきたら

かゆみを静めるかゆみ止めや、肌の乾燥を防ぐ保湿クリーム、更にお風呂はぬるめ(38℃ぐらい)のお湯につかるようにしましょう。熱いお風呂に入るとショックで肌がかゆくなるためです。

保湿クリームは自分の体に合う・合わないがあるので、効果が期待できなかったら別のクリームを試してみて下さい。

とにかく刺激を与えず、保湿、油分で保護することが、肌の回復への近道です。寝ている時に無意識に肌をかいてしまっているようであれば、綿手袋をつけて寝る対策をしてみてはどうでしょうか?綿手袋は薬局で売ってます。




■関連リンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ