【22時~2時】睡眠のゴールデンタイムの効果についてどれだけ知ってる?

オムロン ねむり時間計 ホワイト HSL-001-W【ウェルネスリンク対応】

睡眠のゴールデンタイムは夜の22時~2時と言われていて体にいいことがあります!

何故この時間に眠りにつくといいのでしょう?その様々なメリットを見てみましょう!

なぜこの時間帯がゴールデンタイムなのか?

睡眠のゴールデンタイムは実は嘘だった!という記事もよく目にしますが、本当にそうなんでしょうか?逆に聞くと、22時~2時の間以外に眠りにつくといいことってあるのかな?と思います。

これにはいろんな説があるけど、元を辿れば自分達の生活のリズムがどうなっているか?によると思います。要は一般的にはみんな大体5時~9時ぐらいの朝には起きるだろうという前提で話をしているわけです。

つまり昼過ぎに起きた人の夜寝るゴールデンタイムは22時~2時の間とは限りませんよってこと。仕事の関係で夜寝るのが遅くなる人は無理矢理22時~2時に寝てもあまり効果は無く、むしろ体調がおかしくなってしまうはずです。

以上が大前提です。毎日朝に起きて夜寝るという生活リズムを取っている人が22時~2時のゴールデンタイムの対象となります。

睡眠のゴールデンタイムの効果

睡眠ホルモン・メラトニンの分泌

【悲報】電球を点けて寝るとデブる可能性がある!にも書きましたメラトニンのお話。

睡眠ホルモンとも呼ばれるあるメラトニンは、太陽の光を浴びて約14~16時間後に分泌が開始されます。 そして、メラトニンは外が明るい間はほとんど分泌されず、周りが暗くなってくると分泌量が増えてきます。

メラトニンの分泌は太陽の光を浴びて14~16時間後ってのがネックです。

朝6時に起きて着替えて、7時に外に出て太陽の光を浴びたとしたら、7時から14~16時間後=つまり21時~23時に分泌され始めます。

9時に太陽の光を浴びたなら23時~1時に分泌され始めます。分泌が開始されるわけなので、14~16時間後にメラトニン分泌終了ではないです。

ってことはメラトニンが分泌され始める時間帯の平均は21時~1時の間でしょう。(あくまで起床時間を仮定)

メラトニンが分泌され始める時間帯

体内時計と睡眠のしくみ | 体内時計を調節するホルモン

このグラフを見ると23時~3時までがメラトニン分泌のピークですね!

つまり眠りについてから成長ホルモンが分泌される時間を考慮すれば(下の方で説明します)、ゴールデンタイムは22時~2時になります!

肥満防止効果

いわゆるゴールデンタイムの22時~2時に寝るとメラトニンがよく分泌されて【肥満防止】に効果があります!

メラトニンが分泌される時間については前の項目で書きました。メラトニンは睡眠ホルモンとも呼ばれ、分泌され始める時間帯に部屋を真っ暗にして寝ると、メラトニンの分泌量が多くなって肥満防止に効果があると言われています。

熟睡効果

メラトニンには眠りを誘う効果があるため、メラトニン分泌時間に合わせて眠ると深い眠りにつくことができ、疲れを効果的に取ってくれます。

おまけにメラトニンは抗酸化作用によって細胞の新陳代謝を促したり、病気の予防や老化防止にさまざまな効果を持つと考えられています。

成長ホルモンの分泌

成長ホルモンの分泌

画像引用:やせにくい原因は睡眠不足にあった!

グラフから見ても分かるように、成長ホルモンの分泌は寝てから1~2時間後がピークです。

1回目のレム睡眠時にピークが訪れるわけです。このタイミングと最初のメラトニンのグラフを見比べると

メラトニンが分泌され始める時間帯成長ホルモンの分泌

こんな感じ!22時~2時に眠りにつくと、1時間後に成長ホルモンがドバッと出ます。メラトニン分泌のピークが23~3時ぐらいなので丁度重なるんです。

眠りについた最初の3時間が一番深い睡眠と言われていて、様々なホルモンの作用で体をメンテナンスしているため、眠りについた最初の3時間のうちに、両者のピークを迎えておいた方が体にいいです!

7時間睡眠がいいと言われているから?

長生きには7時間睡眠がいいと研究結果が出ていました。睡眠時間の多い少ないが体にどういいのかは置いといて、7時間睡眠がとりあえずいいと仮定した場合、22~2時に寝て7時間後に起きると5時~9時。

つまり大体みんなが起きる時間に合っているんですね。これはゴールデンタイムが後付けで言われ始めたのかどうかはわかりませんが、なんとなくそんな気がしているので一応書きました(汗)

ただ、事実として確認されているのはある程度長い睡眠を取らないと、心の健康(嫌な記憶が整理されない)を保つことが困難になってくるようです。

まとめ

ゴールデンタイム効果に期待をするのなら、日の出日の入りのリズムに合わせるよう、自分も朝起きて夜寝る生活を続ける必要があると思います。

そこで初めてリズムが出来てきて、自然と深い眠りにつくことでき、成長ホルモンが多く分泌され、体の健康・心の健康を保つ事が出来ると思います。



■関連リンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ