仕事はどっちがいい!?雑だけどスピード重視vs丁寧だけど遅い

3万人のビジネスエリートから学んだ 超 ・スピード仕事塾 (しごとハンドブック)

一か所の間違いも許されない仕事、スピードが求められる仕事。はたまた、スピードと正確性が両方求められる仕事。

今の会社の現状だと、【スピード・正確性】どちらも求められているのがほとんどだと感じています。(実経験も含めて)ただ、やはりスピードと正確性は天秤にかけざる負えない事案なわけで、どちらを優先すべきかという議論は今後も続けられていくでしょう。

関連しておもしろい記事があったので紹介します。

雑でスピードがある vs 丁寧だけど遅い

「雑で速い人」VS「丁寧で遅い人」 どちらがエラくなるか?という記事に書かれていました。

「30分後に届くけれどまずいピザ」と、「完成するのは3時間後だが、有名シェフによる垂涎もののフランス料理」のどちらかを選ばなくてはいけないとしたら、ほとんどの人が後者を選ぶのではないだろうか。
 
しかし待たされるのが3時間ではなく3日で、それまで何も食べられないとしたら、状況は一変する。

「どんなにまずくてもいいからピザをくれ」となるはずだ。つまり「速い・遅い」も、「丁寧・雑」も、すべて程度の問題。何か突出して優れている部分があっても、突出してダメな部分があれば台なしになってしまうのだ。

うーんなんとも難しい問題ですね。さらに記事にはこう書かれています。

それではなぜ同じ組織に極端に遅い人や雑な人がいるかといえば、管理職が「ここまではOK、これ以上はNG」という規準をはっきり示さないからである。

今や、コスト削減、売れない物は作るな、売れない情報は出すなが当たり前な時代になってきて、【時間をかけていいものを売ろう】という会社が、絶滅危惧種に指定されるのではないかというぐらい少ない存在になってきています。

会社の方針

会社のトップが掲げる目標は「お客さんに喜ばれるよう、丁寧に確実にいいもの・いいサービスを提供します」と、大抵こうです。理念としては、高品質なものを手間暇かけて提供です。

ところが蓋をあけてみると、「品質よりも納期優先とスピードが求められ、スピードが求められているのに高品質のものを作れ、サービスを提供しろ」と、どっちを優先したらええねん!という状況です。

管理職の指示が明確でないと、部下もどっちを優先したらいいのかわかりません。僕たちはあくまで【人間】なのでスピードと正確性を併せ持つ事は不可能です。たとえスキルアップしても、個々の能力には限界があります。

そんなにスピードと正確性を求めるのならば機械を作って全部やらせてしまえばいいんです。と言った人がいるのかわかりませんが、実際 機械を作り、システムを構築し、ほとんど人手がかからない状態、つまり雇用減少の問題になってきています。コストは削減できますが。

それでも雇用を守るのであれば、人間ができる範囲で、スピード・正確性どちらかを優先し、「スピードはここまでならOK」「ここまで正確にできればOK」とどこか妥協をする必要があります。

仕事の正確性・スピードは本人のセンス任せになっているのが現状のほとんどなので、安定した生産性を保ちたいのなら、こういった求めるものと妥協するところを明確することが、後々の会社のためになると僕は強く思います。

結局どっちだ

話が逸れまくってしまいましたが、現状として【スピード】を重視する方が僕はいいと思います。あくまで僕の意見なんですが。「作らなきゃ何も生まれない」だと思います。 ただ、利益を完全に無視するのなら丁寧にじっくりやるべきだと思います。

正確性は70%スピードは80%ぐらいでいいかなと。あとは、少々間違えてもいいところと間違えたらダメなところの見極めは本人のセンス、つまり仕事がデキる人はどこかで【手を抜いています】。本人なりに休憩しているんです。




■関連リンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ