足がつった時はどうすればいいのか?

足がつった時はどうすればいいのか?

ゆきおのブログ

寝ている時とか、筋肉を酷使した時に起こる【足がつる】。【こむらがえり】とも言うけど、あの痛さは相当なもの・・・。変な声が出てしまいます。

できれば避けたいけど、なるものはなってしまう。そこで足がつった時の足の伸ばし方と、押さえるツボを紹介します。

足がつった時は伸ばす

足がつる時は、大抵ふくらはぎがつります。つった状態で痛みに耐えながらそのまま放置してしまうと、翌日まで痛みをひきずってしまいます!

そうならないために、つった時は多少の痛みも我慢してでも、筋肉を伸ばしておいた方がいいです。

足がつった時はどうすればいいのか?

ふくらはぎがつってしまうと、ふくらはぎの筋肉が収縮します。この過剰な筋肉の収縮を伸ばしてやることが必要です。後々痛みはなくなるよ。

親指をすねの方へ引っ張ることで、ふくらはぎの筋肉が伸びます。立った状態なら、足を前後に開いてつった方の足を伸ばして下さい。

足がつった時に抑えるツボ

引用:マイナビニュース

足がつった時はどうすればいいのか?

膝の外側、約指2本分下にある「陽稜泉(ようりょうせん)」というツボを押します。

両手の親指を当てて、強くもむように押します。

足がつった時には、まずアキレスけんやふくらはぎをストレッチするといいそうです。その後ツボを押すことで痛みが軽減できます。

痛みが和らいだら温めるといいようです。

足がつる理由

足がつる理由として、ミネラル不足や寒さの影響が考えられます。ストレッチしないでスポーツをしても足がつります。

また、疲れている人もつりやすいです。足がつった時は疲れのサインとして考え、栄養補給と休息を取った方がいいようです。

■関連リンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ