【食べ合わせ】料理で定番の組み合わせは実は健康のためだった!!

【トンカツとキャベツ】料理で定番の組み合わせは実は健康のためだった!!

マジっすか??絶対【見栄え】とか【味の変化を愉しむ】のためやと思ってたんやけど・・・

サンドイッチにピクルス、お寿司にガリ、から揚げにレモン、カレーにラッキョウ等々・・・実は体にいい食べ合わせだったんです!実際何がどういいのか調べてみました!

体にいい食べ合わせ

トンカツとキャベツ

見た目の問題で、とりあえず緑のシャキシャキしたもんがトンカツの横にあればいいかなーぐらいの認知度だったんですが、栄養学的にもこの食べ合わせは最強なんですね!

この食べ合わせは老化防止や疲労回復に効くそうです。

キャベツは食物繊維を多く含むため、トンカツの油分の吸収を抑制し、その毒を取り除いてくれます。また、トンカツは高カロリーですが、キャベツにはカロリーを燃やす働きもあります。

キャベツには塩素と硫黄のミネラルが消化、吸収を助けてくれる働きがあり、キャベツ特有の成分ビタミンU(キャべジン)にも胃酸過多によるむかつきを抑えて胃腸を保護して消化・吸収も助けてくれる作用があります。

焼きサンマと大根おろし

焼き魚のコゲには発がん物質が含まれています。オソロシイですね。

でも、大根おろしの中の酵素オキシダーゼが分解してくれるそうで、 更に、酵素ジアスターゼが油の多いサンマの消化を助けてくれるそうです。

豆腐とネギ・カツオ節

冷奴は体を冷やす食べ物ですが、ネギは体を温めてくれます。

また、豆腐に含まれるカルシウムの吸収率を、 カツオ節に含まれるビタミンDが高めてくれます。

カレーとラッキョウ

胃もたれを治し食欲増進させる作用があります。 

胃を保護し、辛味を軽減したり、食欲を増進したりしてくれるのがラッキョウの香りに含まれる【硫化アリル】です。

【硫化アリル】にはビタミンB1の吸収を高める働きがあるので、肉をビタミンB1が豊富な豚肉のポークカレーにすると、夏バテや疲労回復にも効果がありさらに良い食べ合わせとなるそうです。

カレーの付け合せのピクルスが日本では甘酢ラッキョウになったようです。 

マグロと山芋

山芋のねばねば成分であるムチンが、 マグロの良質なたんぱく質の消化吸収を助けるようです。

サンドイッチとピクルス・パセリ

むくみを解消するきゅうり  ピクルスはきゅうりを酢漬けした西洋風の漬け物。

パンは塩分が多いのでむくみやすい食べ物なんですが、きゅうりはむくみを解消する働きがあります。

サンドイッチとパセリは、食べ合わせで栄養の吸収が促進されるわけではないですが、パセリは飾りではなく、栄養補給の観点から添えられたもの。

サンドイッチだけでは偏ってしまう食品数、栄養素をしっかりフォローしてくれているんです。さらに食後の口臭予防にもなります。

パセリの栄養素は【ビタミンA】 【ビタミンC】 【葉緑素】 【カルシウム】 【鉄分】などが含まれています。

寿司とガリ・わさび

殺菌と消化促進の作用があります!

ガリ(しょうが)には殺菌作用があり、その殺菌効果で刺身や寿司を食べた時に起こる食中毒を防止してくれるのです。

また、ガリ(しょうが)は消化を促進し、胃の働きを整えます。トロなどの脂っこいネタを食べた後、口直しとして食べれば口の中がさっぱりします。

他に、しその実もわさびも殺菌作用の強い食べものです。同時に、胃の働きを高めて消化を助ける働きもあります。

生ハムとメロン

美容効果があります。

生ハムのきつい塩味を中和させるために、メロンやいちじくなどを添えて食べていたのが始まりといわれるそうです。

栄養学の観点から見ても効果は高いようで、生ハムの塩味は、通常のハムに比べて塩分が高いです。

その塩分を体外に排出する役割を持っているのが、メロンに含まれるカリウムです。また、メロンにはギャバやパントテン酸も含まれているため、高血圧の予防やコレステロールの軽減、肥満防止に効果があります。

ビタミンCや食物繊維もたっぷりで、メロンの【わた】にはβ-カロチンなどの有効な成分が多く入っています。長期熟成のおかげでアミノ酸が通常のハムより12倍もアップしているという生ハムと組み合わせは最強ということですね!

まとめ

料理と一緒に出てくる物は、飾りではなくとりあえず食べておいた方がよさそうです(笑)栄養や体の健康のタメの食べ合わせを知っておけば、ご飯ももっと美味しくなると思います。

◆引用元



■関連リンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ