メタボの人要注意!【睡眠時無呼吸症候群】の原因とリスクについて!

メタボが原因にもなる【睡眠時無呼吸症候群】の原因とリスクについて!

メタボと合併すると死の危険も高まるようで。。。

睡眠時無呼吸症候群(SAS).は字のごとく、寝ている時に無呼吸になってしまう事が何度かある病気の名前。長い人で30秒息してない時があるってさ。こわいこわい。

この睡眠時無呼吸症候群は、近年女性や子供にも増えてきているようで、心臓病等様々なリスクが発生するみたい。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは

睡眠時無呼吸症候群(SAS)は睡眠中に呼吸が停止する病気。

上気道が何らかの原因で狭くなり、喉が塞がることによって無呼吸状態に陥ってしまう。その無呼吸状態が何度も繰り返されるうちに、脳と血液内の酸素が少なくなりさまざまな病気を引き起こす原因となってしまう。

40~60代の働き盛りの人に多いそうです!睡眠不足で昼間の勤務中に居眠りし、運転ミスなどで重大な事故になっているニュースがよく報道されてます!

夜寝ているときに、10秒間を超えて息をしていない状態が30回以上、または1時間当たりに息をしていない状態が5回以上あると睡眠時無呼吸症候群(SAS)という病気と診断されるそうです!(指標を元に医師が判断するので、診断内容は様々だと考えられます)

メタボと合併すると心筋梗塞にかかりやすい

最近の研究では、メタボの人が睡眠時無呼吸症候群になると、心筋梗塞や動脈硬化等、【心臓病】のリスクが高くなるということが判明した。

また内臓脂肪蓄積量の増加に伴って睡眠時無呼吸症候群にかかりやすくなることも判明した。

睡眠時無呼吸症候群がもたらすリスク

  • 高血圧
  • 高脂血症
  • 糖尿病
  • 慢性的な睡眠不足
  • イライラ感
  • 昼間の激しい眠気
  • 集中力・判断力の低下
  • メタボなら心臓病にかかる危険も

結構たくさんありますね・・・息してないから当然ちゃあ当然か。

この睡眠時無呼吸症候群にかかるのは、男性が圧倒的に多いようですが、近年女性や子供にも増えてきているようで、主に【いびき】をかいている人が無呼吸に陥りやすいそうです。

家族で【いびき】をしょっちゅうかいている人がいたら、一度病院で検査を勧めてみてはどうでしょうか??

■関連リンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ