新しいフライパンを使う前に【ならし】をしておく必要性とは?【焼き込み、焼きならし、油ならし】

新しいフライパンを使う前に【ならし】をしておく必要性とは?

新しい鉄のフライパンを買って、何もしないで炒めるとこびりつきます!これは【ならし】をしていないのが原因です。他にも錆止めが塗ってある場合は有毒なので落としておく必要があります。

今回はフライパンの【ならし】の必要性と方法を紹介していきます。

フライパンのならしの必要性

くっつきを防ぐため

買ってきた鉄のフライパンは油が十分に馴染んでいません。【油ならし】【焼きならし】【焼き込み】ともいう方法をつかって、一発目の料理からくっつき知らずのフライパンに仕上げておきます。

この作業をしっかりしておけば、ストレスなく長期的に使えるフライパンとなります。

有毒の錆止めを落とすため

新しい鉄性フライパンには錆止めが塗ってあるのが一般的で、この錆止めは有毒なのですぐ調理すると危険です。

調理する前に錆止めを落としておく必要があります。

フライパンをならす方法

用意するもの

  • 食器用洗剤
  • 金タワシ
  • サラダ油
  • くず野菜

くず野菜の量は一握り分で、親指一つ分ぐらいの大きさにカットしておく。(例:ネギの端っことかキャベツの芯とかでOK)

錆止めを取る

1.まずは食器用洗剤と金たわしを使って、フライパンに付いている汚れや錆止めを軽く落としておきます。フライパンの内側だけでなく外側もゴシゴシと洗ってやりましょう!鉄のフライパンは金タワシぐらいじゃ傷つきません。

洗い終わったらフライパンや金タワシについた洗剤をよーく洗い流しておきます。

2.次に換気をしながらフライパンを火にかけます。フライパンには何も入れず、油もひかず空焚きです。ずーっと空焚き。するとフライパンの色が変わり、錆止めの成分が蒸発していきます。有毒なので吸い込まないよう注意してください。

3.全体が十分過ぎるほど熱されたら、色が変わります。そしたら一度火を止めて冷まします。フライパンが十分に冷めたら、金たわしでゴシゴシと洗ってやります。これ以降洗剤は要りません

油をフライパンに馴染ます

1.今度はフライパンがくっつかないように油を馴染ませます。サラダ油をフライパンにまんべんなく塗ります。キッチンペーパーを使うといいです。フライパンの内側だけでなく、外側にも塗ります。IHコンロを使っている家はコンロとの接地面には今は油を引かなくてOKです。

2.油を塗り終えたら、火にかけていきます。少し煙が出る状態に火力を維持してしばらく放置します。

3.しばらく経ったら火を止め、冷まします。

4.一度お湯でフライパンをすすぎます。洗剤は絶対使用しないでください!

5.今度はフライパンの内側に軽く油をひき、くず野菜を入れます。くず野菜がいい感じに焼けるまでフライパンをまわし、フライパン内側全体に油を馴染ませて完成!!

洗剤は絶対にダメ

以降フライパンを洗う時は絶対に洗剤を使わないでください!せっかく馴染ませた油が飛んでいき、錆びます。

調理後のフライパン保管方法

調理をした後のフライパンの保管方法ですが、

1.洗剤は使わず、金タワシでゴシゴシフライパンを洗います。

2.その後薄く油を引きます(錆びさせないため)。フライパンの外側も洗った場合、外側にも油を引いてやります。この時もキッチンペーパーを使うと楽。

テフロン加工のフライパンに比べて少し手間がかかる鉄フライパンですが、空焚きができる(テフロン加工のフライパンは空焚きするとコーティング剤が蒸発する)、金属のヘラをガンガン使える(普通のテフロン加工のフライパンは一発で傷が付きます)等といったメリットもあり、料理の効率も上がるため人気が高いです。

僕もIH対応の鉄の中華鍋

山田工業所 鉄 打出片手中華鍋 33cm (板厚1.6mm)

を使っていますが、テフロン加工のフライパンに比べ、料理の効率も上がり何より炒め物が抜群においしくなるので手放せません!ほんまおススメです!

■関連リンク




サブコンテンツ

このページの先頭へ