ストレスバイバイ!心の在り方でストレス無しの生活へ!

ストレスバイバイ!心の在り方でストレス無しの生活へ!

ストレスを感じるのも本人の【心】の在り方だと良く言われます。

こーもストレスフルな日本になってきてるとね、毎日腹が立ってしゃーない。心が2個あっても足らん感じ。

でも中にはストレスをあまり受けない人っていません?「なんで怒らずにいられるの?」って口をはさみたくなるぐらい。ただ本人が無神経なだけか、ストレスを受けない心の在り方を持っているのか、どっちでしょうね。

今回はストレスを受けない心の在り方を紹介します。

まずはストレスチェック

 メンタルヘルスのためのストレス度診断チェック

メンタルヘルスのためのストレス度診断チェック

こちらのサイトであなたのストレス度がチェックできます。スマホからアクセスした場合15問、パソコンからアクセスした場合は80問のチェック式となっています。

もし、日常でストレスを感じてしまっているのなら、下の心の在り方を変えてみるといいかもしれません。

ストレスを受けない心の在り方

失敗を受け入れる

最初から何でもうまくできたら、喜びを感じない人間になってしまうんじゃないかと思います。スポーツの世界でも仕事の世界でも、勉強の世界でも最初から思い描いたようにできる事なんて何一つありません。

スポーツのドキュメンタリーでも、「才能に恵まれたイ○ロー」なんて言い方をたまに聞きますが、その選手が最初っから何も失敗無しで活躍しているわけじゃないんです。「失敗を繰り返し受け入れ、その分成長してきた」という表現を使いたいものです。

失敗を受け入れる事ができる人は「あーやっちゃったー、じゃあ次はこうしよう」と【次】、【そのまた次】へ進んでます。

自分を好きになる

上に書いた【失敗を受け入れる】に似ていますが、自分を好きになれていない人は、いろんな場面でストレスを受けてしまいます。

なんで私こんな性格悪いんだろー、とかここの余分なぜい肉が気に入らん!って本気で落ち込んでしまう人。

自分の性格や見た目をありのまま受け入れるべきです。あまり究極の理想を追い求めず「まーこんなもんだろ」とお気楽思考でいくといいと思います!

それでも自分のことが気に入らなければ、直す努力をするべきです。

興味があることをする

興味があることをしている時は、疲れにくく、逆に活力が湧いてくるという研究結果が出たようです。

ストレスが溜まる嫌ーな作業でも、何か興味が湧くことを探してそれに集中するのも手です。

つぶやく

例えば誰かに怒られている時とかに、頭の中で「何言ってんだこいつ?」ってな具合でつぶやいてみる。焦ってしまっている時に「何焦ってんだオレ?」って具合に。

怒られいまいる時に頭の中でつぶやくと、意外にも冷静になれたりします「きちんと謝ってから次はこう言おう」とか、ストレスを感じる前に前向きな思考をすることができます。

焦っている時「何焦っているの?」「だって期限がもうすぐだし」「今から具体的にどれだけ急げはいいの?」と会話も生まれてきて、漠然とした焦りから明確な目標が出来、あまりストレスを感じなくなる場合もあります。

井の中の蛙は大海を知れ

【井の中の蛙(いのなかのかわず)大海を知らず(たいかいをしらず)】ということわざがあります。井戸の中のカエルは外の大きな海を知る事ができず井戸の中が世界の全てだと思って、自分の狭い知識にとらわれてしまって物事の大局的な判断ができない、という意味です。

自分の中の知識や常識が全てだと思っている場合、他人の行動を理解することが厳しくなってきますし、他人を認める心の広さもいつまで経っても狭いままです。

極端な例えですが、1日雨が降っていた場合「今日は雨かー、雨は濡れるし腹立つなー」としか言えない人と「今日は雨かー、最近雨降ってなかったから農作物も育つし、飲み水に困らずに済む」と言える人の違いです。

いろんな経験を積み、視野を広げれば自分以外の外の世界を理解でき、いろんな人・物を認める事ができるようになります。このような視野を広げるための積極的な心の在り方は、大抵の場面で受けるストレスが半減します。これマジで。

最後に

ストレスというものは意外にコントロールできるものです、人によってストレスの受け方に差はあるけど、真似事をするのではなく、自分なりに負担がかからないやり方を見つけるのが一番です。

■関連リンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ