【肩こりからくる頭痛に】ストレッチで改善させる方法!

【肩こりからくる頭痛に】ストレッチで改善させる方法!

20歳を過ぎて【肩こり】というものを覚えました(汗)

僕はまだ肩こり止まりですが、肩こりから【頭痛】になる人も多いようですね。特に冬って肩と首がバッキバキに固まります!バットで叩いても痛くないぐらい。

今回は肩こりからくる頭痛に効く【ストレッチ】を紹介します。

肩こりからくる頭痛の原因

ストレッチ方法の前に肩こりからくる頭痛の原因から。原因が分かれば肩こりからくる頭痛も未然に防げるようになるはず!まず肩こりの原因は

  • 同じ姿勢を続ける事による筋肉のこわばりからくるもの
  • 冷えによるもの
  • 目の疲れによるもの
  • 精神的な緊張からくるもの
  • 腕に不自然な力がかかり肩に負荷がくるもの

等々、結構【肩こりの原因】ってあります!特に多いのが、【同じ姿勢を続ける】と【冷え】からくる肩こりです。

同じ姿勢を続けることが肩こりの原因

例えば、デスクワークで同じ姿勢を続けると体を支える筋肉が疲れてあまり機能しなくなり、支える力が減っていきます。支える力が減った分どこかで補うわけですが、その部分が【首周辺】なんです。とばっちりを受けてます。

この首周辺に余計な負荷がかかってしまうため、筋肉の緊張状態が続いてしまい血管が収縮してしまいます。血管が収縮すると血行が悪くなりいつもなら流れていく老廃物も溜まってしまうことで肩に痛みやコリが発生する仕組みです。

詳しく説明すると、筋肉が疲労することで、ブラジキニンと呼ばれる発痛物質を流すことができなくなり、肩やその周辺の筋肉にとどまってしまうために、筋肉に炎症が起きます。これが肩こりの大体のメカニズムです。

冷えからくる肩こり

冷えからくる肩こりも、先ほど書いたように血行不良からくるものです。体が冷えると血流が悪くなり、老廃物がスムーズに流れて行かないってわけです。首、肩周辺の露出が多い女性は、この冷えからくる肩こりが多いのではないでしょうか。

肩こりからくる頭痛

頭痛の原因の一つに血行不良】があります。つまり首、肩の血行不良から肩こりとなり、肩こりが原因で頭痛になるわけです。

血行不良が原因なので、肩こりからくる頭痛というよりは【頭痛と肩こりが同時にやってくる】感じだと思います。肩こりを感じた時には既に血行が悪くなっていますから。

長くなりましたが、原因はこんなところです。首や肩の血行不良から肩こり・頭痛がくるパターンの対策としては、血行を良くすること。これに尽きます。今回は【冷え】対策は省いて、【ストレッチ】で肩こりからくる頭痛の対策を紹介します。

肩こりからくる頭痛に効くストレッチ方法

肩こりを感じる前にストレッチをすると、未然に肩こりを防ぐ事ができます。痛みを感じるならば、ストレッチを【軽く】して下さい。肩こり中でも効果はあります。

参考:肩こり解消ストレッチ(動画youtube)

肩上げストレッチ

肩こりからくる頭痛に効くストレッチ方法

両腕の力を抜き、肩だけ上に向けて上げる方法です。肩を上げた状態で5秒キープし、上がっている肩を元に戻します。1セット5回で2―3セット繰り返します。

首回しストレッチ

注意:首のストレッチは神経を痛めやすいので、始めはゆっくり動かしてください!!

肩こりからくる頭痛に効くストレッチ方法

まず始めは画像のように首を前に倒します。首の後ろが伸びていることを感じながらゆっくり倒すのがコツです。首が曲がりきったところで10秒間キープ。

肩こりからくる頭痛に効くストレッチ方法

次に後ろに倒します。首が曲がりきったところで10秒間キープ。

肩こりからくる頭痛に効くストレッチ方法

左に倒します。反対の右にも倒します。首が曲がりきったところで10秒間キープ。

肩こりからくる頭痛に効くストレッチ方法

次に、画像のように右手の手の平をほっぺに軽く当て、首が左にねじれるように押していき、首が曲がりきったところで10秒間キープ。

肩こりからくる頭痛に効くストレッチ方法

反対も同様に首が曲がりきったところで10秒間キープ。

肩こりからくる頭痛に効くストレッチ方法

次に首を10秒かけて一回転させます。時計回り一回転で10秒。反時計回り一回転で10秒かけて下さい。

以上を2―3セット繰り返します。

肩伸ばしストレッチ

肩こりからくる頭痛に効くストレッチ方法

画像のように両手を組んで、前方に構えます。そして、肩だけを前に押し出すように力を加えます。組んだ両手を更に前に出す感じです。背中が丸まったり、仰け反ったりしないよう姿勢を真っすぐ維持するのがコツです。

伸ばした状態で15秒間キープして下さい。

肩こりからくる頭痛に効くストレッチ方法

次に両手を後ろで組んで下さい。組んだ手は後ろの腰に当たっている状態です。そして画像のように、腰から離れるように両手を後ろに伸ばして下さい。肩のストレッチなので肩が後ろに引っ張られるのを感じながら15秒間キープ。

これ慣れない人がやるとかなり痛いので、痛まないところまで手を離しておけばOKです。

以上を2―3セット繰り返して下さい。

首から肩上部にかけてのストレッチ

参考:日本橋アネックス・ブログ

首から肩上部にかけてのストレッチ

画像のように、左腕を後ろで組み右手で頭を右側へ引っ張ります。こうすると首から肩にかけての筋がよく伸びます。更に頭を右斜め前へ引っ張ると、首から肩にかけてやや後ろの筋が伸びます。反対側も同様に伸ばします。

各10秒間キープで2セットすれば十分です。

以上です!ストレッチをすれば血行が良くなり、肩こり・頭痛も軽減できます。お風呂上がりにすると更に効果を期待できますよ!

■関連リンク




サブコンテンツ

このページの先頭へ