男が女の子に生まれ変わりたいと思う7パターン

女装少年

「もし異性に生まれ変わったらこんなんできるなー、生まれ変わりたいなー」と妄想にふけったことがある人は結構多いはず。よく「女の子の世界は大変!プンプン!」と言うけども、それでも女の子になってみたいと思う男は多い。

そんな男性諸君の女の子になりたい・生まれ変わりたいと思う時はどんな時かまとめてみた。

女の子に食事代を奢る時に女の子になりたいと思う

男が奢る風習ってまだあるよね!確かにお金がピンチ!って時に限って女の子の方から「ご飯行こ(ハート)」ってお誘いがくるんですよねー。女の子のご飯代も含めて慌てて財布のお金をチェックすることも多々あります。

「女の子はご飯に行く時でも綺麗になるための化粧でお金がかかっているから、男は奢るべきだ」と聞いたこともあります。

それだけスマートに言えたらいいもんですが。ようは

カッコつけたい

この一言でくくっちゃっていいと思います。男は格好つけたがりなんです。昔は男が狩りをして食料を調達してきたって言うでしょ?あれもカッコつけです。

多分ウホウホ言うてた時代から「俺超カッケー」とか思ってます。食べ物は男が女に与える風習が現代まで続いてるということでしょうか。

でも一度でいいから女の子になって女の子目線で奢られてみたいもんです。

レディースデー・女子割・女子会プランを見ると女の子になりたいと思う

女性だけ割引!これを見た時いつも「なんで男割がないんや」と思ってしまいます。深夜のボーリング女性タダってところもあるんですよ!近所に・・・

これは女性は男性に比べて【特別扱い】に弱いという心理をついて、女性割引プランを用意しているのだそうです。でも、【男性割引】って書いてあったら大抵の男は飛び付くと思うんですが・・・。小売業者さんどうでしょう?もっとお安くなりませんかね?

女性専用車両を見ると女の子になりたいと思う

これはーアレだ。アレ。男が触るのが悪い。どうもすみません!

仕事で怒られない・病欠しやすい女の子を見てるとに女の子になりたいと思う

会社で男性社員が占めている割合はまだまだ高いです。上司が男って率はかなり高い。

女性社員と男性社員が同じミスをした時、女性よりも男性社員の方が怒られる確率が高いです。また、風邪等で会社を休んでも、翌日白い目で見られにくいのは女性。

そんな待遇の違いを見た時【女の子に生まれ変わりたい】と思うことが多いみたいです。

酔っ払った時の対応の違いで女の子になりたいと思う

女の子がベロンベロンに酔っておまけに気分が悪い時、飲み会のメンバー全員が「大丈夫?」と介抱してくれるのに対して、男が同じ状況になっても「調子に乗るから気分悪くなるんや」と放っておかれます。

男というだけで男らしさを求められた時に女の子になりたいと思う

「男のくせに!」ってよく言われます!「のび太のくせに!」って言われてるみたい。違うか。

でも、男も男であまり口には出さんけど「女のくせに!」とか思ってるんでどっちもどっちだと思いますが(汗)

男ばかりにモテる時に女の子になりたいと思う

どんまいです。

以上です。結構面白いですね。

■関連リンク



サブコンテンツ

このページの先頭へ