【朝なかなか起きられない人へ】スッキリ起きるための4つの技!

【朝なかなか起きれない人へ】バッチリ起きれる技

僕の経験から【朝スッキリ起きる方法】を紹介します!

朝なかなか起きれない・・・。目覚まし止めたはいいけどそのままベッドの中で気絶!ベッドから這い出たはいいけどイスに座ったまま瞑想モード突入!ギリギリまでウトウトして慌てて用意してる人多いんじゃないでしょうか?

僕も二度寝常習犯で毎日戦っておりまする。でも長年二度寝と戦った甲斐あって、スッキリバッチリ起きる方法をいくつか発見したので効果の高いものだけ紹介・解説していきます。(実際有名な方法も多いのでそこは御愛嬌でっ><)

朝スッキリ起きる技

朝シャンが一番スッキリ起きれる

朝シャンが一番スッキリ起きれる

メジャーな方法ですが、あなどるなかれ。この朝シャン(もう死語っぽい)の効果(メリット)は以下の3つ。

  • 体温が上がり、眠っていた脳や内臓が起きる
  • 冷えていた足先や手先が温まることで血流が良くなり、起きている体の状態に近づく
  • ついでに着替えることができる

まだまだ朝は寒い今の時期は、体が起きるまでは布団の外がめちゃくちゃ寒く感じます。【朝シャン】で温かいシャワーを浴びれば、冷えた足先・手先まで暖まり、血流も良くなります。さらにシャワーの刺激で眠っていた脳や内臓が起きてお目目パッチリです。ついでに顔とかも洗っちゃいましょ!【朝シャン】をするメリットとして、眠気をスッキリさせるのはもちろん、内臓が活性化するのですぐに朝ご飯を食べてもキチンと消化してくれます。

さらにシャワーで一度パジャマを脱ぐので、そのまま着替えを済ます事ができて効率がいいです。着替えまでできたらもう睡魔に勝ったも同然。

シャワーを浴びるコツは、ぬるめのお湯を足先からかけていき、徐々に体の上の方までかけていきます。いきなりシャワーを全身にかけると体にも負担がかかってしまいます。

後はシャワーの温度を徐々に上げていきます。温度を高くすることによって、体への刺激が強くなり、よりバッチリ目覚めることができます。特に寒いこの時期は、足先を重点的に温めるといいと思います。

朝浴槽に入る【朝風呂】もありますが、ハッキリ言って浴槽に入ったまま寝てしまいます。自殺行為です。お湯をためる時間も考えると効率悪いです。

後はシャワーまで辿り着けるかどうかです。ここまで来るまでに様々な関門がありますよね。順番が逆ですが、まずは布団から出る方法から。

目覚まし時計は歩いて5歩以上ルール

目覚まし時計は歩いて5歩以上ルール

目覚まし時計は、ベッドから歩いて5歩以上先に置くのがいいです。歩いて5歩以上先に目覚まし時計を置かないとまたベッドに戻ってしまうからです。3歩先に目覚ましがあっても、目覚ましを止めてからそのままベッドにダイブできちゃうんよ。そーなんよ。

なので目覚まし時計は、結構歩かないと止めることができない位置に置くのが基本です。スマホを目覚まし時計の代わりに使っている人は新たに目覚まし時計を買って、新しく買った目覚まし時計をベッドから離れた場所に置くとGOODです。

遠くに置いた目覚まし時計の音が聞こえない人は、ベッド脇に置いてある(スマホの目覚ましとか)方の目覚ましを先に鳴らしてから、離れた場所の目覚ましが鳴るように調整しましょう。例えば、ベッド脇に置いてる方は7:00にセットして、離れた方の目覚まし時計は7:03にセットするとか時間差で

この方法なら、離れた場所に置いてある目覚まし時計を起きて速攻止めにいかなければならないストレスも半減できるし、ベッドに置いた目覚ましを止めて、余裕の足取りでもう一つの目覚ましが鳴る前に止めることもできます。何よりストレスをかけないことが大事です。

朝の楽しみを作る

この方法がある意味一番最強です。子供の頃って楽しい事があると眠気なんて吹っ飛んでませんでしたか?朝に楽しみがあると案外スッキリ起きれるもんです。

  • 朝しか食べないと決めた大好物を食べる
  • 好きな人に「おはよう」のラブコール
  • 寝る前に読もうとしていた、面白い漫画等を読む
  • 好きなアナウンサーに「今日もカワイイネ(ハート)」とテレビ越しに元気よく言う

他にもいろいろありますが、要は「自分が興奮できる事」があればいいんです(変な意味じゃないです)。

マインドコントロール

寝る前に、明日起きる時間を頭の中で10回ぐらい唱えます。もっと効果的なのは【自分が使っている目覚まし時計とその目覚まし時計に表示されている時刻】をイメージして唱えます。

こうやって脳に暗示をかけておくことで、割とスッキリ起きる事ができます。目覚ましが鳴る前に自然に目が覚めてしまう事もあります。人間ってスゴイです。

★朝は目覚まし時計を離した場所に置いてベッドから抜け出し、シャワーを浴びて体も脳も目覚めさせ、朝の楽しいウフフな時間を過ごせば、完璧です。

今回は、小技は置いといて大技を紹介しました!誰でもこの方法が上手くいくとは限りませんが、かなり効果の高い目覚め技です!


■関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ