ポイントは水!ゆでたまごを綺麗に剥く方法!

Vitantonio エッグボイラー VEB-7

「いやーほんまにねぇー今日もね、朝新幹線でね、ゆで卵3つ食べて来ましたよ」ゆでたまご大好き坂東英二さんの名言です。僕もゆでたまご大好きです。黄身がカッチカチより半熟が好きです。煮玉子も何度か作りました。でも

ゆでたまごを綺麗に剥くのって難しいですよね?

ゆでたまごを綺麗に剥く方法

今回は、ゆでたまごムキムキ先生にゆでたまごを綺麗に剥く方法を聞いてみたいと思います!

じゅんきち「先生初めまして。ゆでたまごを綺麗に剥くのってなかなかうまくいかないんですけど、どうしたらいいんですか・・・?」

ゆでムキ先生「冷やすんや!

じゅんきち「えっ?冷やすんですか?」

ゆでムキ先生「二回も言わすな!」

じゅんきち「はぁ・・・で、いつ冷やすんですか?」

ゆでムキ「ゆで終わった後や。鍋から出して、冷水を入れたボールにドーン!や!」

じゅんきち「わ、わかりました!ドーン!ですね。

ゆで「そうや、冷水で冷やすと中のたまごが縮んで、自然と殻と離れる形になるっちゅうわけや。つるっつるに剥けんでぇ?」

じゅんきち「わかりました。」

ゆで「ポイントはボールの水は常に冷たくしとくこと。水の中で剥くと更に綺麗に剥ける。剥き始めたとこから水道から出る水を当てながらやるともっと綺麗に剥けんで!」

ゆで「他にもゆでる前に殻にヒビを入れておいて、殻と本体の間に水分を回り込ませる方法があるんやけど、これは上級者向けや。」

じゅんきち「さすが先生!ありがとうございました!でもその中途半端な関西弁やめた方がいいですよ。」

ゆ「・・・」


■関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ