二日酔いの原因と対策【二日酔いバイバイ】

ウコンの力ウコンエキスドリンク 100ml×6本

みなさん今日も飲んでますか!お酒は最高ですね!・・・二日酔いが難点ですが。飲んでいる時はいい気分のなのに次の日二日酔いだとテンション下がりまくりです。楽しい後には地獄が待っていると思うと何かを悟ってしまいそうです。ところで・・・

二日酔いの原因って何だ?

ふとそんな疑問が出てきました。

二日酔いの原因

ところで「二日酔い」って何? その原因と対処法に二日酔いの原因が載っていました。

アルコールによる頭痛や吐き気が起こる原因

アルコールを消化するとき、肝臓は非常に毒性の強い「アセトアルデヒド」という物質を作り出します。人間にはそれを分解するアセトアルデヒド脱水素酵素とグルタチオンという物質がありますが、お酒を飲みすぎるとそれらの物質もついていけなくなってしまいます。毒素がどんどんたまり、頭痛や吐き気が強まります。

なるほど!アルコールを飲むことによって生成されるアセトアルデヒド>分解酵素のように、毒性物質の分解が追いつかなくなることが、どうやら頭痛や吐き気を起こす原因となっているようですね。

おしっこによる頭痛が起こる仕組み

アルコールが血流に入ると、脳下垂体は「バソプレッシン」という体内の水分を保つホルモンの分泌を抑えるようになります。バソプレッシンが少なくなると、水分は膀胱に直接流れこんでいきます。だからお酒を飲んでいて、トイレに行き始めたらどんどん出てくるようになるんです。お酒を飲んでいる間は、体内に取り込む水分の約4倍の水分を失います。つまり脱水症状になり、口がカラカラになったり、頭痛がしたりします。なぜ脱水で頭痛になるかというと、体が水分を欲するあまり脳から水分を取り出そうとするんです。それで脳が縮んでしまい、頭蓋骨と脳をつなげる膜が引っ張られるため痛むんです。

これは初耳でした!お酒は利尿作用があるのでトイレが近くなるのは経験済みですが、脱水症状になって頭痛まで起こすんですね。そう考えると結構恐ろしいですね。。。

二日酔いを更に悪化させる飲み物

赤ワインや、ウイスキー、ブランデー、バーボン、テキーラといった濃いお酒は、熟成中に「コンジナー」という不純物を白ワインやラム、ウォッカといった薄い色のお酒より多く生成します。

この【コンジナー】という不純物が二日酔いをさらに悪化させる要因となっているようです。

グラフ:What are Congeners?

このグラフを見るとわかるように、テキーラ/ブランデーがダントツにコンジナーが多く含まれています!次いで赤ワイン、バーボン、ダークラム/ウイスキー、スコッチが多いですね。二日酔い対策には白ワイン、ジンやウォッカ等がいいみたいですね。もちろん飲まないに越したことはないんですが・・・。

二日酔いの原因はざっとこんなものです。他には炭酸系はアルコールの吸収を促進させるので、毒素の分解が追いつかなくなる可能性があります。

二日酔い対策

原因が分かってしまえば、対策をすれば二日酔いになる確率は落とせます。

  • お酒一杯に対して水一杯飲む(脱水症状対策)
  • 飲む前に食べて胃を満たしておく(食べ物でアルコールを吸収して胃を守ってくれる)
  • ビタミンサプリを飲む(おしっこによるビタミン欠乏を補うため)
  • お酒の種類を選ぶ(コンジナー対策、炭酸によるアルコール吸収速度対策)
  • ウコンの力に頼る(クルクミンによる肝機能活性)

いかがでしょうか!春の飲み会ラッシュに備えて、二日酔いの原因と対策を活用してみて下さいー!


■関連リンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ