雨に濡れないためには走るor歩く?

みなさんは外を出歩いている時に突然雨が降ってきたら走りますか?

僕は雨宿りができる場所まで近ければあまり走りません!まわりを見ていると結構走ったりする人が多いです。走ったりする方が濡れにくいのかなー何て思ってしまいます。

雨の中、歩くのと走るのはどっちが濡れにくい?(動画あり)この記事に答えが書いてありました。

何と雨に濡れる量は計算式で求めることができちゃいます!

体に当たる雨の総量=上からの雨量×時間+横からの雨量×移動距離

という計算式です。

こちらが検証動画↓日本語じゃないのでわかりません(笑)

上記計算式で想定すると実際走った方が濡れる量は少ないそうです。

ただし、走ると頭が濡れにくい分、体には雨がいっぱい当たります。通勤カバンを頭の上に乗せて走っている人の体はメッチャ濡れます。せっかく傘代わりにしているのに、体が濡れてしまうのでカバンを頭の上に乗せるなら歩いたほうがいいですね。冒頭でも言いましたが僕はあまり走りません。僕のようなへっぽこが走るとズッコケルからです。。。

いや、実際ズッコケやすい根拠があるんです。車が走るような道路って排気ガスやらホコリや泥や油がついていて雨の降り始めの濡れ始めた路面は、この汚れや油が浮き始める時なので一番滑りやすいんです。コケル方がリスク高いですからね。みなさんもどうか気をつけて下さい。


■関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ