風邪対策にアーマラキー(アムラ)が抜群の効果があるらしい!

アムラ/アーマラキー

アムラー(安室奈美恵)ではありません。今回は人間ではなく、果物のお話。このアーマラキー(アムラー、アーマラキー等呼び方はいろいろ)と呼ばれる果物は

インドで若返りの果物としてポピュラーに売られているみたいです。

インドで「一日一粒で医者いらず」とされる果実が風邪対策に効果的らしいという記事がありました。アムラとアーマラキーは同一の果物です。

アーマラキー(アムラ)の栄養価はいかに?

アムラーのビタミンCの含有量はレモンの10倍、ポリフェノールは赤ワインの30倍にあたり、古来からインドでは風邪のみならず、動脈硬化や心筋梗塞、糖尿病など様々な疾患の治療に使われてきました。 インドの伝統医療アーユルヴェーダにおいても、アムラーは三大果実(トリファラ)として位置づけられるほどに重要な存在。なぜならば、アムラーには、味の基本である6味(甘、酸、苦、辛、塩、渋)のうち、塩味を除く全ての味が備わっているのです。

風邪対策にはパーフェクトな果物ですね!このアムラー、熱に強いビタミンCを含んでいるため、粉末にしてお茶に入れたり料理にも使ってもたっぷりビタミンが補給できるそう。味としては酸っぱくて後味が苦いそうで、そのまま食べるのは少し厳しいようです。粉末状になっているものも売られていますが、こちらの味は?です。

粉末状のアムラ(アーマラキ)はこちらで買えます。I.P.Mスパイスアーマラキー(100g)1日に一回~二回。ティースプーン一杯程度のぬるま湯で飲むのが基本だそう。(蜂蜜や生姜をお好みで加えると飲みやすいです)。熱に強いビタミンを含んでいるため料理にも活用できます。

■関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ