雲が白い謎に迫る!あと黒い雲も気になる!

雲はなぜ白い

雲に絶対乗れると今でも信じてます、じゅんきち@miracle_jkcです。

ところで普段何気なく見ている雲、何で白いのか気になったことありませんか?

雲はどうして白いのに答えが載ってました!

雲も、光を反射しています。その光が目に入るために、わたしたちには雲が見えるわけなのですが、雲の光の反射のしかたというのが、じつは少し変わっているのです。雲は小さい水や氷のつぶがたくさん集まってできているために、光を同じ方向に反射しないで、さまざまな方向に反射します。これを乱反射(らんはんしゃ)といいます。乱反射はものの色を消して白く見せる働きをします。このあちこちにちらばった光が目に入るために、雲は白く見えるのです。雪が白く見えるのも、これと同じ理由です。

つまり、雲は小さな水や氷の塊がたくさんあつまっているため、光がいわゆる乱反射をして雲を白く見せているわけですね。光が乱反射すると、ものの色を消してしまうそうです。ちなみに雲には色が元々ついていません。これはビールの泡 なぜ白い?で書いた記事でも光の乱反射が原因でビールの泡が白く見えたりするのと似ています。で、更に気になったのですが・・・

雨雲とか雷雲って黒に近い灰色ですやん!

光の乱反射までは分かりました。雲に色がついてないのも分かりました。雨雲とか雷(かみなり)雲って結構グレーがかった色してますよね?実は雨雲とかにはちゃっかり色がついているんでしょうか。。。雲にはどうして白いのと黒いのがあるので答えがわかりました。

しかし、どの雲も同じ白さではありません。あつい雲やうすい雲、せの高い雲など、雲によって白さがちがって見えるはずです。たとえば、遠くにあるかみなり雲を横から見ると、太陽をまともに受けていますから雲はかがやくような白に見えています。しかし、このとき、このかみなり雲の真下にいる人には、この雲は真っ黒に見えているのです。なぜなら、厚い雲の下にいると、雲はあまり太陽の光を反射できません。というよりも、厚い雲が太陽の光をさえぎってしまうのです。それで、かげになった雲は黒く見えるというわけなのです。 つまり、雲にはもともと色がありませんが、光の反射のしかたのちがいで、白く見えたり黒く見えたりしているのです。

色がついている正体はやはり光でした!子供の時からなんとなーく眺めていた雲。身近なモノほどあまり気にならないものだったりします。

■関連リンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ