できる人の時間管理術!効率よく仕事をするには?

【タイムハック】できる人の時間管理術まとめ【効率】というまとめがありました。

ここで紹介されている【時間管理術】の項目は以下の3つです。

1)まずは目的を明確に
2)スケジュールに落とし込む
3)日次レビュー・週次レビューで修正を

【タイムハック】できる人の時間管理術まとめ【効率】に詳しく書かれているため、ここでは割愛します。

時間管理について僕は次の2点だけ気をつけている事があるのでそれを紹介します。

あくまで時間の管理だけに的を絞った場合の考えかたですが。

1つ目は

己の度量を知るべし。

2つ目は

相手の度量を知るべし。

です。とてもシンプルです。

仕事って【自分がする】か【他の誰かがする(機械も)】でほとんど成り立っているからです。

時間管理術その1.己の度量を知るべし

自分がこの仕事をどれだけの時間をかけて仕上げる事ができるのか、知ることが大事です。

(文書作成にかかる時間、取引先と相談に必要な時間、工場なら、加工に必要な時間、物を運ぶのにかかる時間等々。)

他にも自分が集中してできる作業可能な時間など身体的な都合も考慮するといいです、人間ですから。

・初めてする仕事は?

正直経験してみないと、必要な時間は判りませんが、【予想】はできます。今までの経験からある程度予想できたり、予備知識があると具体的な作業内容が予想できます。具体的な作業内容が予想できたら、後は自分がどれだけの時間で一つの作業を終えることができるのかを足し算していくと、その仕事を終えるのに必要な時間が分かります。

普段から意識して、仕事を終えるのに必要な時間を予想しておくと、初めての仕事でも大体必要な時間が分かる力がついてくるでしょう。予想よりも時間がオーバーしてしまったり、早く終わってしまったりした場合は何でそうなったのか「原因を振り返る」ことが重要です。

時間管理術その2.相手の度量を知るべし

その1.己の度量を知るべし にもあるように、今度は相手の度量を知ることが重要です。

相手の度量というのは、要は依頼した仕事がどれだけの時間がかかるのかを知ることです。

相手の能力、状況等で必要な時間が変わってきますが、これも経験によって予想できたり、予備知識によってある程度は予想することが可能です。

まとめ

上記のように、自分を知る、相手を知る事で必要時間が分かれば、後は自分のスケジュールを作成すればいいだけです。

気をつけてほしいのが、決して「カツカツのスケジュールを組まないこと」です。

ほとんどの人が経験していることですが、物事には「トラブル」がつきものです。予定変更になります・・・すみませぇん・・・なんて毎日聞く人も多いんじゃないでしょうか。

ですので、ある程度すきま時間を作っておいて下さい。

すきま時間には、別に今日やらなくてもいい仕事を埋め込みます。他にすることが無ければ、仕事の提案をしたり自己啓発に使う等、出来ることは無限大です。

トラブルが発生して予定よりも時間がかかってしまった場合、このすきま時間で埋めることにより、後の仕事も時間通りに取りかかることができます。

すきま時間の最大のメリットは、後につかえる仕事の予定変更(変更連絡等)の余計な仕事が増えない事です。・・・後余計なプレッシャーやストレスがかかりません。

■関連リンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ